キャンパス環境の充実

CAMPUS ENVIRONMENT

01

キャンパスを越えた学び
-キャンパス体制-

Campus base

現在の3キャンパス体制から、東広島と呉の2キャンパス体制に移行し、学部やキャンパスを越えた教育を促進します。

詳しく見る

02

交流しともに学ぶキャンパス
-キャンパス環境の充実-

Campus environment

2017~2019年度にかけて、キャンパス整備を進めていきます。学生・教職員のみならず、本学に関わる方々が自由に集い交流し、ともに学べるキャンパスを整備します。

詳しく見る

キャンパスを越えた学び -キャンパス体制-

現在の3キャンパス体制から、東広島と呉の2キャンパス体制に移行し、学部やキャンパスを越えた教育を促進します。

これにより、教育、課外活動や日常の生活においても他学部・他学科の学生と接する機会が増え、専門職連携教育のさらなる充実につながります。

現在、広島キャンパスにある医療経営学部は、2020年4月、学びの場を広島市内から東広島キャンパスに移します。

交流しともに学ぶキャンパス -キャンパス環境の充実-

2017~2019年度にかけて、キャンパス整備を進めています。

呉キャンパスでは、古い建物を取り壊し、みんなで作り、憩い、交流できる庭園や、学生、地域住民などが交流できるオープンテラスを備えたカフェ、自分の望むスタイルで学修ができるラーニング・コモンズを設けた「教育会館(仮称)」の建設を予定しております。

また、東広島キャンパスでは、誰もが楽しめるスポーツ施設の整備や、スポーツ教育や地域の健康サポートを担う「健康増進センター(仮称)」の建設、エントランスのリニューアルなど、アメニティー向上のため、ハード・ソフトの両面での整備を予定しています。

これにより、学生、教職員だけでなく、地域住民、卒業生、保護者などの誰もが気軽に訪れ、交流し、ともに学び合える場を提供します。

PAGE TOP