学長メッセージ

message

ひろこく、開国。

広島国際大学は、1998年4月に、東広島市黒瀬町に開学いたしました。今では、呉市・広島市の3キャンパスに8学部10学科10専攻を展開する健康・医療・福祉分野の総合大学に発展し、2018年度には開学20周年を迎えます。開学以来、多様な専門職業人の育成を行い、これまでに約14,500名の卒業生を送り出してきました。

2015年に、将来像を「ともにしあわせになる学び舎」と定めました。この将来像の実現に向け、教育の充実はもちろんのこと、大学が地域交流の拠点となるためのキャンパス整備、地域住民の生涯学習の場として、学生とともに学ぶ講座の充実など、さまざまな計画があります。開学20周年を迎えるにあたり、健康・医療・福祉分野の総合大学として、これまで以上に社会・地域に愛され必要とされる大学・地域に開かれた大学へと歩んでいきます。

広島国際大学学長 焼廣 益秀

PAGE TOP