1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 Open Campus 大学見学

学部

保健医療学部

高度な専門性と技術力を備え、チーム医療に貢献できる人材を育成する。

 

 

受験生の皆様へ。受験チャンスを拡げる併願受験を行っております。

 

入試成績が特に優秀な学生を解く態勢として認定する特待生入試制度。年間授業料の半額相当額を2年間、奨学金として免除します。

 

学内の奨学金が充実。在学生の半数以上が受給しています。

 

熊谷孝三

学部長/博士(医学)

清水 壽一郎

チームとして活躍する医療専門職とは
 保健医療学部では、診療放射線技師、臨床工学技士、臨床検査技師、救急救命士をめざす学生が勉強しています。この四つの医療専門職がどのような場面で活躍しているか、イメージしてみて下さい。自分の近くで誰かが病気になった、怪我をした。いずれの場合でも、症状や怪我の程度が軽ければ自分で医療機関を受診出来ると思います。しかし、症状や怪我の程度が重ければ、やはり救急車を要請します。そこで活躍する『救急救命士』は、医師の指示のもとに救急救命処置を行いながら傷病者を医療機関へ搬送します。病院に到着すると、診察した医師から様々な検査や治療の指示が出されます。そこでは『診療放射線技師』が患者さんの状態を把握するために様々な画像診断装置を駆使して必要な診断画像を提供します。『臨床検査技師』は血液検査や心電図、脳波などの生体活動についての情報を提供します。『臨床工学技士』は、人工呼吸器や人工透析装置などの生命維持に必要な医療機器を操作し、また心臓の手術などの際には人工心肺装置などを駆使して円滑な手術をサポートします。

 それでは、この四つの医療専門職は、それぞれ独立に活動しているのでしょうか。そこでは、医師、看護師、薬剤師なども含めてチームとして活動しています。救急救命士からの傷病者の情報に基づいて、検査の準備など受入体勢を整え、医療機関への到着から治療完了までの時間を短縮することで、救命率・社会復帰率の向上を図ることができます。また、チームのメンバーの対応の仕方が患者さんの心理にも影響します。患者さんの不安を和らげること、安心して治療を受けてもらうことができるチームを作ることが重要です。

確実な専門知識の修得と実践的な専門職連携演習により、次世代のチーム医療を担う人材を育成

 保健医療学部には「診療放射線学科」と「医療技術学科」の2学科を設置し、「医療技術学科」には「臨床工学専攻」「臨床検査学専攻」「救急救命学専攻」の3専攻があります。まず、どの学科・専攻で学びたいか、しっかりと考えて下さい。大切なことは、自分がその専門職として活躍する姿をイメージすることです。そのイメージをしっかりと持つことができたなら、その実現に向けてしっかりと学修をしてください。  保健医療学部での学修も、学友や教員とのチームを作ることが必要です。各講義・演習・実習においても、それぞれの医療専門職に必要な知識・技術を、チーム学修により効率的に学修できる環境を整えています。また、チームでの学修や活動は、人のこころに接する機会にもなります。“病む人の気持ち”を理解できる、確実な知識・技術を修得した医療専門職を育成しています。

画像工学を駆使した先端医療テクノロジーを学び、進歩する放射線診療技術の明日を開く

生命維持にかかわる医療技術・機器の進歩に対応した医療テクノロジーを実践的に学ぶ。

最終更新日:2017年4月1日