1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 大学見学

学部

保健医療学部

高度な専門性と技術力を備え、チーム医療に貢献できる人材を育成する。

 

 

受験生の皆様へ。受験チャンスを拡げる併願受験を行っております。

 

入試成績が特に優秀な学生を解く態勢として認定する特待生入試制度。年間授業料の半額相当額を2年間、奨学金として免除します。

 

学内の奨学金が充実。在学生の半数以上が受給しています。

 

熊谷孝三

学部長/博士(工学)

熊谷 孝三

「チーム医療」の時代を担うスペシャリストを育成
保健・医療は、高齢や障害、疾病などのために、健康で快適な生活を送ることが困難な人々をサポートする役割を担っています。これまで医学の進歩とさまざまな技術の開発が日々これらを発展させてきました。少子・超高齢社会を迎えようとする現在、一層高度に保健・医療を発展させていくには、医師と各分野の医療専門スタッフが相互に協力しあって患者を中心とした医療に当たる、チーム医療の普及が不可欠です。それだけに、高度な専門知識や技術を持ち、心身の状態や周囲の状況などを的確に判断できるとともに、豊かな感性と人間性を持った専門職者が求められているのです。そこで、新しい時代のニーズを担うチーム医療のスタッフを育成する高等教育機関として、保健医療学部には「診療放射線学科」と「医療技術学科」の2学科を設置しています。また、「医療技術学科」には「救急救命学専攻」「臨床工学専攻」「臨床検査学専攻」の3専攻があります。

ここでは、保健・医療従事者として幅広い知識を習得するために、学部・学科間共通の授業を通して、保健・医療・福祉の専門職全般に求められる基本的な考え方や知識を学びます。合わせて各分野の専門知識・技術を総合的に習得し、「チーム医療」に対応できる高度かつ総合的な保健•医療サービスを提供できる人材を養成していきます。

臨床実習を重視し、人の命を助けるための実践的な能力を育成

本学部では、高度化する保健•医療の知識や技術を習得するに当たって、自ら考え解決する能力の習得やチーム医療の実践ができるように、ハードウエア•ソフトウエアの双方に最先端の学習環境を整えています。そのために各学科・専攻とも学内および学外での実習を重視した「人の命を助けるための実践的な能力の養成」教育が特色です。また、この実習を通して、専門的な知識や技術を身につけるだけでなく、“病む人のために”という視点を常に持ち、患者の痛みを理解しながら保健•医療を実践できる能力の育成も目指しています。

画像工学を駆使した先端医療テクノロジーを学び、進歩する放射線診療技術の明日を開く

生命維持にかかわる医療技術・機器の進歩に対応した医療テクノロジーを実践的に学ぶ。

最終更新日:2014年1月24日