1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 Open Campus 2015

学部

総合リハビリテーション学部

 
南山 求

学部長/医学博士

南山 求

高齢者や障がいのある方の「人間らしく生きる権利の回復」に貢献できる人材を育成
人は病気や事故だけてなく、高齢者となることによっても日常生活に困難を経験することとなります。この生きにくさを解決しサポートするために医療・福祉の専門家が活躍します。リハビリテーションにおいて「ひと」による身体機能の回復訓練や生活支援を行うことを学ぶ理学療法学専攻、作業療法学専攻および言語聴覚療法学専攻をリハビリテーション学科に設置しています。一方で、日常生活の衣食住にかかわる、用具や道具、移動手段、コミュニケーション機器、住宅や家具など改良や義肢装具製作の中で「もの」による支援を学ぶリハビリテーション工学専攻および義肢装具学専攻をリハビリテーション支援学科に設置しています。

実習を重視した実践的な能力を育成

本学部ではリハビリテーションにおいて必要とされる高度な専門知識や技術を修得するに当たって、高齢者や障がいのある方一人一人の問題を識別・認識し、その解決能力を培うことができるよう、熟慮された学習環境を整えています。そのために、各学科・専攻での少人数制を敷いた学内実習および学外実習に重点をおいた「実践的な能力の養成」教育で特色付けています。また、狭い意味での専門的職業人に陥らないために、医療や福祉に取り組む多くの専門職を養成している本大学ならではの「専門職連携教育(IPE)を受ける機会を設けています。さらに、グローバル化する社会においても貢献できるように、医療・福祉に関わる海外研修を積極的に進めています。

豊かな人間性と確固とした倫理観を備えたリハビリ専門職の養成を目指す。

障がいや怪我、高齢のために苦しむ方々のくらしを支援用具づくりの面から支援する。

最終更新日:2013年4月1日