1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 Open Campus 2015

学部

リハビリテーション学科

 

最新トピックス

高度で幅広い専門知識、技能と応用・判断能力を持ち、豊かな人間性と確固とした倫理観を備えたリハビリ専門職の養成を目指す。
リハビリテーション学科は、医学的リハビリテーション分野における専門職業人を養成します。そのため理学療法学専攻、作業療法学専攻、言語聴覚療法学専攻の3専攻を置き、各専攻において国家資格取得を目指した教育課程を編成します。具体的には国家資格の取得はもとより、「少子高齢社会にも対応する多様なリハビリテーション技術(高齢者や 障害者の機能回復や、生活の自立及び社会参加を支援できる高度専門技術)を総合的に提供でき、すべての人々の健康と生活の質の向上を目的として、予防から治療までの幅広い専門知識と技術に裏打ちされた問題解決能力及び豊かな人間性を養った専門職業人として、社会に貢献できる人材の養成」を教育研究の目的と しています。リハビリテーションを必要とする人々を支えるという仕事に従事する「責任」と「誇り」を持って、理学療法、作業療法、言語療法の発展につくし広く社会に貢献できる人材を養成していきます。
これら3専攻に加え、他の学科専攻と共に医療におけるチームワークを体得するために専門職連携教育にも力を入れています。
 

学科ウェブサイト

理学療法学専攻

平成18年4月、保健医療学部に、本学科の母体である「理学療法学科」を設置し、平成22年3月、第1期卒業生全員が理学療法士の国家試験に合格しました。このように、本専攻では質の高い人材を世に輩出し、建学の精神に掲げる『世のため、人のため、地域のために、理論に裏付けされた実践的技術をも ち、現場で活躍できる専門職業人の育成』に基づく人材を養成し、社会に寄与することが本専攻の使命であると考えています。理学療法学科は、今般、リハビリテーション学科へ拡充することで、理学療法学の分野にとどまらず、リハビリテーション領域を総合的に包含した教育・研究を展開し、より一層の発展を目指していきます。理学療法学専攻の教育目標は「科学的根拠に裏付けされた理学療法の専門知識と技術の習得」と「問題解決能力と豊かな人間性を備え、理学療法の発展に寄与する理学療法士を養成する」であり、以下の5点を到達目標にしています。

1.理学療法士としての確かなアイデンティティを持ち、将来的には日本の理学療法をリードできる人材を養成する。
2.基本的な理学療法が独力で実施でき、「対人能力」を有する臨床実践力のある理学療法士を養成する。
3.チーム医療の重要性を認識し、他職種と協働できる協調性のある理学療法士を養成する。
4.全員の国家試験合格と就職達成を目指し、広島県内はもとより全国の医療施設、福祉施設、企業で活躍できる理学療法士を養成する。
5.自分の仕事に「責任」と「誇り」を持ち、理学療法を探究し続けるための生涯学習と研究の継続可能な理学療法士を養成する。

理学療法学専攻イメージ

作業療法学専攻

作業療法学専攻イメージ

作業療法学は、リハビリテーションという領域の中の一分野であり、チーム医療に示されるように、特に医療の現場においては役割の共通点も 多く密接な相互関係を持っています。作業療法士の活動の場は広く、脳神経外科や整形外科系の医療機関だけでなく、精神医療保健分野、老人保健施設などの介 護福祉分野をはじめ、学校、保育施設や児童相談所などの教育機関、行政機関、介護関連事業の起業、福祉機器開発など多岐に渡っています。社団法人日本作業 療法士協会も、「急激な社会制度の変化や国民の健康・障害に対する意識の変化を背景に、作業療法が保健・医療・福祉等の領域において、国民の健康な生活に 寄与」することを目的に、行動戦略ビジョンとして、広く社会で貢献できるための制度改正への働きかけを精力的に行っています。日本の少子高齢化による社会 の動向と、国の施策である『地域生活移行』という背景を考えると、「なりたい自分、持ちたい役割を支える職種」である作業療法士の活動領域は、今後拡充さ れていく可能性は高いと思われます。本専攻においては、これらの動向を踏まえ、さまざまな分野の知識・技術を偏りなく有し、守備範囲の広い(時には理学療 法さえ包含する)柔軟性に富んだマルチに活躍できるリハビリテーション専門職としての作業療法士を養成していきます。

言語聴覚療法学専攻

言語聴覚士は、高度に複雑なヒトのコミュニケーション行動に障害を持つ小児から成人、高齢者に対して、言語聴覚改善のための支援を行います。さらに、口腔から喉頭機能についての言語聴覚士の専門的知識を活かして、近年とみに要望の多い飲み込みの障害(摂食・嚥下障害)に対する支援も行います。しかし、わが国では言語聴覚士は、他のリハビリテーション関連職のなかでは、まだ比較的新しい専門職です。そのため、人を相手とするために必須な豊かな人間性と深い専門的知識および高い臨床的技量を備えたうえで、さらにこの専門領域の進歩発展にも寄与できる力と熱意を兼ね備えた言語聴覚士の育成を目差します。

言語聴覚療法学専攻イメージ

最終更新日:2014年10月21日