1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 Open Campus 大学見学

大学院・専攻科

医療福祉学専攻

医療福祉学専攻/教育 研究の特色

医療福祉学専攻では、社会福祉学に基礎を置き、医療の本質を深く理解し、医療福祉の専門性と実力を探究します。

ゼミの風景デンマーク人学生と大学院生の交流会
専門基礎領域 特別研究や専門的な実習を行うための必要な原理・本質の理解と、様々な分野に応用可能な研究方法を修得します。これにより、理論、方法、実践を統合します。
専門領域 福祉と医療分野の学問知識の修得、専門分野に即した高度な実践、先進的かつ独創的な医療福祉学研究を目指します。
社会福祉分野 学問としての社会福祉学と、実践としての社会福祉を学修し、社会福祉についての問題解決能力と専門性を修得します。
医療保健福祉分野 地域ケアシステムの構築、支援方法の開発、専門的支援技術等の教育研究を進めます。
実習 医療・介護福祉、社会福祉調査、地域福祉、国際医療福祉の4領域に専門特化した実習を行い、知識、態度、技能を実践により修得します。
特別研究 自らの関心にしたがい研究テーマを設定。かくれた医療福祉問題を発見し、研究を通じて解決する方法と能力を養い、修士論文へと結実する研究指導を行います。院生は指導教員の研究指導のもと、社会福祉系学会への参加、学会等での自由研究発表、学科研究紀要への投稿などの研究成果をあげています。
院生の研究テーマ
  • ● 認知症高齢者の介護ストレスについての研究
  • ● 岡村社会福祉理論の実証的研究
  • ● 地域福祉理論における住民主体の意義の研究
  • ● 事業所サービスの第三者評価の研究
  • ● ホームレス支援とセーフティネットとしての生活保護についての研究
  • ● 知的障害者の感情表現の理解の研究など
医療福祉学専攻 教育体系図
医療福祉学専攻 教育体系図
修了後の進路

医療福祉学専攻を修了すると、医療福祉学に関する高度な理論と実務能力を有するため、当該分野の社会的ニーズにより、次のような進路が見込まれます。

  • 1. 大学、専門学校、研究機関における教育・研究職
  • 2. 医療機関・医療保健施設の中堅幹部職員
  • 3. 地域福祉団体の専門職員
  • 4. NPOやボランティア活動におけるコーディネータやスーパーバイザー
  • 5. 博士後期過程への進学

最終更新日:2008年9月30日