1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 Open Campus 大学見学

大学院・専攻科

臨床心理学専攻

基礎・臨床心理学の研究者、心理臨床家の指導者の養成

臨床心理学専攻博士後期課程について

臨床心理学専攻 授業風景 心理学系の博士前期課程、専門職大学院、もしくはそれと同等の能力を有するとみなされる人を対象としています。 自立して研究を継続し得る高度な研究能力を持つ段階まで発展させ、心理臨床の専門家の養成に携わる臨床実践力を持った教育・研究者の育成を目指します。
心理測定学・統計学、健康心理学、精神生理学、睡眠学、認知心理学、発達心理学、障害児心理学、精神医学など、心理学および周辺領域に関して、基礎から応用まで幅広く、また深く学ぶ5つの学習モデルを中心に履修し、3年間勉学に努め、博士論文を完成させます。
臨床心理学専攻の履修モデル

心理科学研究科 臨床心理学専攻(博士後期課程)・実践臨床心理学専攻(専門職学位課程)の教育体系図

(学部教育との関連図)

臨床心理学専攻履修モデル図

最終更新日:2016年7月27日