ニュース&トピックス

広島国際大学×広島ドラゴンフライズ連携事業スタート
学生参加型スポーツ栄養プログラムを実施

2020年9月18日

日本最高峰の男子プロバスケットボールB.LEAGUE B1に所属する「広島ドラゴンフライズ」の選手を、健康科学部の専門家が健康面でサポートする取り組みが始まりました!
医療栄養学科では取り組みを通じて、“スポーツ栄養学”を新たな柱に学生参加型の学びを展開し、継続して選手をサポートします。

  • 睡眠改善や管理栄養士の資格を持つ教員が睡眠や栄養の観点から選手をサポート
  • 医療栄養学科の学生も参画し、生きた“スポーツ栄養学”を学ぶ
  • 呉キャンパスの新たなスポーツ施設「スポーツラボ」を活用


取り組みの第1弾として9月15日の午前、旭久美子学科長や梶井里恵客員講師(スポーツ栄養学)、田中秀樹学部長(睡眠学)らがチームの練習会場・吉島体育館(広島市中区)を訪問。アスリートの栄養補給に効果的な食事、睡眠改善を通した生活リズムの整え方などについて、岡本飛竜選手と森山修斗選手に助言しました。

同じ日の午後には、アイザイア・マーフィー選手とアンバサダーの岡崎修司氏が本学呉キャンパスに来学し、体の組織や機能を測れる機器を備えた「スポーツラボ」で測定会を実施しました。

スポーツ栄養学に関心があり補助に入った日野洵さんと山本彩加さん(医療栄養学科3年)は、
「「プロスポーツ選手の日々の食事で、何が足りないのかを聞きながら食事指導する様子は、とても勉強になりました」(日野さん)
「選手が摂取する食事やサプリメントなど、どのくらいの量でどのような効果があるのか、幅広い知識を持って活用する重要性を認識できました」(山本さん)
と、貴重な体験の感想を語ってくれました。

医療栄養学科(健康科学部)について詳しく知りたい方はこちら>>
健康科学部について詳しく知りたい方はこちら>>

ページのトップへ戻る