2017年09月14日

「すいみんの日」に市民向け公開講座を開催
~大学生による快眠アドバイスも~

9月9日、東広島市市民文化センターにて、
「すいみんの日」にちなんだ市民公開講座を開催しました。
睡眠改善研究を軸に一般市民や児童向けに啓発活動を行う
田中秀樹教授(心理学科)をはじめ、
各地から著名な専門家5人が集まり講演しました。

よい睡眠は、子どもにとっては健やかな発達、
妊婦や育児中の人にとってはストレスの少ない子育て、
大学生や社会人にとっては勉強や仕事の能率向上、
そして高齢者にとっては病気予防などの健康維持と、
全世代に共通の課題といえます。
講座では各講師が、世代別・課題別に知っておくべき
睡眠に関する知識や情報を解説。
参加者は講演中熱心にメモを取り、
多様な視点から睡眠の重要性を学びました。
その後の質疑応答では予定時間を超過して質問が殺到するなど、
盛況のうちに終了しました。

130人もの参加者が集まった

誰でもできる簡単な快眠方法を解説する田中教授

終了後は、事前に希望した参加者を対象に、
個別に快眠ワンポイント・アドバイスを実施。
所定の課程を修了して認定試験に合格した、
『大学認定睡眠改善インストラクター』の資格を有する
本学および広島大の学生が相談に当たりました。
寮生活を送る生徒の睡眠について、
顧問の先生からの相談を受けた中東優芽子さん(臨床心理学科4年)は、
「勉強直後は脳が興奮状態なので、
時間を空けて就寝させた方がよいとお話ししました。
自分のアドバイスが少しでも役に立てばうれしいです」
と声を弾ませて話してくれました。

来談者は自身や周囲の人に関わる睡眠について相談

個別に快眠アドバイスを行う中東さん

 

広報室