2017年11月10日

医療栄養学科の学生とイズミのコラボ弁当「カラダ想い御膳」、11月3日より好評販売中

医療栄養学科の3年生が株式会社イズミと
共同開発したお弁当「カラダ想い御膳」を、
11月3日から全国のゆめタウン・ゆめマート98店舗で販売しています。
販売開始日にはゆめタウン広島(広島市南区)で学生が試食販売会を実施し、
大盛況となりました。

買い物客にお弁当を紹介する松本さん(左)と上川芽依さん

テレビ取材(広島テレビ・広島ホームテレビ)もあった

 

以前から、ゆめタウンの各店舗で学生考案の健康レシピを
配架してもらっていたことがきっかけで、
イズミ側からコラボ弁当の開発について打診がありました。
学生らは、さっそく6月にはミーティングをスタートし、
約5カ月かけて完成させました。
16穀米を使ったご飯や豆腐バーグ、あじの南蛮漬けなど、
素材や味付け、見た目にもこだわった彩り豊かなお弁当です。

最も大切にしたコンセプトは、
塩分を控えめにした体にやさしいお弁当であること。
1日の塩分摂取量の1/3以下で、
みんなが美味しいと思えるものを目指して、
さまざまなアイデアを出し合いました。
辿り着いたのが、和・洋・中のバリエーション豊かな品目で、
煮物や酢の物などバランスの良い味わいを揃えることでした。
だしをしっかり取ることも大きなポイントとしました。

開発にあたっては、学生が考えたレシピを基に実際に作ってイズミに説明し、
イズミがその内容を基にお弁当を試作。
何度も試食を行い議論を重ねました。
「手の込んだ品目は大量生産には向かない」
「コスト面から既製品の調味料を使い最大限の味わいを引き出す」
など協働して課題解決の落としどころを探る作業は、
授業だけでは得られない貴重な学びの機会となりました。

弁当を共同開発した学生メンバー

旬の食材を使った天ぷらやえびチリなど、手の込んだおかずが並ぶ

開発に携わった松本佳奈さんは、
「ボリュームがあって種類も豊富なので、
家族などで分け合って健康を意識しながら食べてもらえれば」
とお弁当に込めた想いを語ってくれました。

広報室