2018年12月06日

広国市民大学 保田窯で「陶芸・ピザ作り体験(第2回)」を実施

 12月2日(日)、師走とは思えない陽気の中、「こども未来コース」学外体験教室(第2回)として、陶芸・ピザ作り体験を前回と同じく、陶芸の里 保田窯(東広島市黒瀬町小多田)で実施しました。
 今回は、12家族38名と吉川学長合わせ、39名と大人数での参加となり、初めは家族だけで話していた参加者も次第に打ち解け、参加者同士で会話をしたり、こども達は一緒に遊んだりと楽しい時間を過ごしました。
 陶芸体験では、家族で盛り上がりながら作品を作り、ピザ作り体験では家族で分け合いながら食べ、参加者によっては「家では嫌いな野菜を食べないが、焼きたてのピザに入っていれば食べていてびっくりした。」、「初めてピーマンを食べたけど美味しくて、これから家で出ても食べられる。」など、こどもの好き嫌いまで変えてしまう美味しいピザは大好評でした。
 体験後は今回もレクリエーションとして、離れたバケツに石を投げ、得点を競う石投げゲームを行い、家族ごとに茶碗等の焼き物がプレゼントされました。
 参加者からは、「初めて陶芸を体験したり、自分で作ったピザを食べたりと家族で楽しい一日を過ごすことができた。」など、とても好評でした。
 今年度は陶芸・ピザ作り体験を実施しましたが、今後は参加者がより楽しめるよう、体験教室の更なる充実を検討しています。

広国市民大学 事務局