常翔学園 広島国際大学

チャレンジプロジェクト
『広島国際大学骨髄ドナーバンク登録推進』プロジェクト

多くの人に骨髄ドナーバンクに対する正しい知識を身に付けてもらい、登録者数の増加と登録機会の提供を目指します。

誰かのために~届けよう命のバトン~【東広島キャンパス大学祭②】

10月26日(土)、27日(日)に開催された東広島キャンパス大学祭で、
骨髄ドナーバンク登録を啓蒙する学生団体「しずく」が骨髄バンクのドナー登録会を行いました。

 

26日は日本赤十字社の方にもお越しいただき、献血も行われました。
献血は56名の方が、そして2日間で21名の方が新しくドナー登録をしてくださいました。
今回は登録が叶わなかったものの、話をききに来てくださった方も大勢いらっしゃいました。
ご協力してくださった皆様、ありがとうございました!

 

 

27日には同キャンパスの1号館133教室において
第2回広島国際大学骨髄バンク講演会も開催されました。

 

日本骨髄バンク設立者の1人であり、NHKの「プロジェクトX」にも出演された大谷貴子氏と、
骨髄移植により病気を克服され、現在もプロスノーボーダーとして活躍していらっしゃる荒井善正氏を
講師としてお招きしまして、
骨髄バンクの重要性や白血病患者の方の心境等をお話していただきました。
講演会には本学の学生が多数参加しており、骨髄バンクに対する関心の高さがうかがえます。

 

 
↑ (左)荒井氏(右)大谷氏         ↑ 皆さん真剣に講演に耳を傾けていました


↑ 講演会後

 

お二人のお話しを通じて、例えば私が診療放射線技師として骨髄移植における放射線治療に関わる場合、
患者の「病気」だけをみるのではなく、
1人の「人間」として接することの大切さを学びました。

 

また講演会の直前には、大谷氏と荒井氏に広国PARKの学生が取材を行いました。

 

 
↑ 取材は和やかな雰囲気のなか行われました

 

取材を担当した佐瀬さんは
「このような機会は大変貴重なものなので、緊張しました。
しかしお二人のお話をうかがって骨髄バンクや骨髄移植について勉強になりました。」とお話してくださいました。

 

このインタビューはFM東広島で放送されますので、みなさんぜひお聞きください。
詳細は以下のようになっております。

 

放送日時:2013年11月7日(木)19:00~/ FM東広島 89.7MHz

 

しずくメンバー 後藤伊織・谷本百合・松枝紘史(診療放射線学科3年)
学生広報スタッフ 伊藤佳奈(診療放射線学科1年)

△Pagetop