常翔学園 広島国際大学

チャレンジプロジェクト
『瀬戸内イキイキ』プロジェクト

瀬戸内の島々で高齢者が活き活きと暮らし続けるため、地域の活性化を目的に、看護学部の学生が健康に関する知識を提供します。現在は大崎上島と豊島を舞台に活動しています。

2016年の記事一覧

2015年度 大崎上島イキイキプロジェクト活動報告 山尻地区の高齢者サロンに参加!

「広島国際大学チャレンジプロジェクト」制度は、学生が主体となって地域と連携しながら
社会貢献を目指す取り組みを支援することで、学生の成長をバックアップする制度です。

この制度は、短期間型のイベント実施型プロジェクトと、
中・長期型の地域課題解決型プロジェクトを募集し、
1企画あたり50万円を上限とした奨励金を支給するものです。

このプロジェクトの一環として、2016年3月6日(日)、
瀬戸内海にある大崎上島で、「大崎上島イキイキプロジェクト」の
メンバー7人(看護学科7名)が、山尻地区の高齢者サロンに参加しました。

今回は、健康チェック(血圧、脈拍、動脈血酸素飽和度
(SpO₂)測定)と、転倒予防に関する健康教育を行いました。

 

大崎上島に向けて出発!

サロンの開始まで少し時間があったので、神峰山に行きました。
晴れた日には、神峰山の頂上から日本一の多島美、
115の島々を見渡す事ができるそうです。

 

歩いて山頂へ

歩いて山頂へ

山頂からの眺望

山頂からの眺望

神峰山での集合写真

神峰山での集合写真

 

 

午前中に行った健康チェックでは2年生が血圧の測定を行い、
1年生は脈拍とSpO₂の測定を行いました。

%e2%91%a41 %e2%91%a5 %e2%91%a6

健康チェックの様子(左から高橋さん、髙田さん、山根さん、岩崎さん)

 

午後からは、山尻地区の人々が転倒予防対策により閉じこもりや寝たきりを防ぎ、
健康で活動的な毎日を送ることを応援するために、転倒予防の健康教育を行いました。
参加学生もそれぞれ目標を掲げて臨みました。

 

例えば、初参加の1年の高橋さんは、ゆっくり大きな声
(高齢者の方が聞き取りやすい声の大きさ)で健康教育を行うことを、
2年の髙田さんは、健康教育時、高齢者の反応を見ながらアドリブを
入れることができるということを目標に掲げました。

 

“身近な転倒を予防しましょう”というテーマのもと、
屋内・屋外での転倒予防対策、手軽に行える転倒予防運動について健康教育を行いました。

 

手作りの紙芝居を用い、時にはクイズやインタビューなどコミュニケーションを交えて
転倒の危険度を増加させる原因、対策、運動について発表しました。

 

%e2%91%a9 %e2%91%a7 %e2%91%a8

手作りの紙芝居を用いての発表

全員で転倒予防運動を実践

全員で転倒予防運動を実践

真剣に話を聞いてくださっている皆さんの様子

真剣に話を聞いてくださっている皆さんの様子

 

 

今回のサロンは少人数であったため、高齢者の方一人ひとりと
しっかりコミュニケーションをとることができ、
島のことや、普段の生活について詳しくお話を伺うことができました。

 

健康教育では、私たちの発表を真剣に聞いて下さり、
積極的に意見、質問をしてくださいました。
皆さん、普段から健康に気を付けた生活をされており、
健康に対する意識の高さを感じました。

 

サロンの最後にアンケートを記入していただき、
・大変勉強になりました
・大変有意義で楽しく過ごすことが出来ました
・若い方と一緒にみんなで声を出しての運動がとてもよかったです
などの感想をいただきました。

 

%e2%91%ac

山尻サロンの皆さんとの集合写真

先述した目標に対する1年の高橋さんの自己評価は、
目標の到達度は95%。ゆっくり大きな声で健康教育を行うことができたので、
次は、もっと高齢者さんの反応をみて、原稿をなるべく見ずにできるようにしたい。

 

2年の髙田さんは、
目標の到達度は、100%。積極的に問いかけをすることができ、
アドリブも入れることができた。高齢者の方の反応もよかったため、
緊張することなく進められた。
という評価が得られました。

 

今回のサロンに参加した学生からは、
・どのような暮らしをされているのかを知ることができた
・島の人達の温かさに触れたり、コミュニケーションがたくさんとれてよかった
・高齢者の方々に楽しんで学んでいただけたようだったので、とても嬉しかった
などの感想がありました。

 

今回のサロンは7名の方に参加していただき、参加者の満足度の高い活動になりました。

 

今年度のサロンの参加は、今回で終了となります。
来年度は今年の反省を生かし、より良い活動をしていきたいと思います。

 

(今回の参加者および記事作成)
みかんの島を盛り上げ隊(2015)
看護学科2年 小柳なつき、島田恵里、髙田美緒、吉屋寿則
1年 岩崎真琳、高橋智沙、山根みなと

△Pagetop