資料請求 大学見学

お知らせ

topics

広島キャンパス(医療経営学部)来春、15階に「展望カフェ」(仮称)をオープン

2012年8月7日掲載

 

広島駅から徒歩10分に位置する広島国際大学・広島キャンパス(広島市中区幟町)の改装工事が、近く着工します。

 

最上階は展望カフェ、レストフロア、ベーカリーショップなど

今回の改装工事は、最上階の15階と14階を学生生活のアメニティ向上に役立てることを目的としています。北は中国山地、南には瀬戸内海と四季折々の風景を眺めることのできる地上15階のワンフロアに、レストフロア、カフェを含めて約250席を配置するほか、焼きたてのパンを提供するベーカリーショップなどを揃えます。地上55mの高層ビル最上階に学生たちの憩いの場を提供するのは広島県下の大学では初めてです。また、在学生の半数を占める女子学生のために、おしゃれなパウダールームを配置するなど、学生の意見も反映した設計を心掛けました。下階の14階には、学生たちの自主活動の場となるコミュニティーホールや多目的室等を設け、15階との行き来は新たに設ける中央階段で連結し一体感をもたせ、利便性を高めます。

 

 

 

 

 

都市型大学として「学び」と「憩い」の空間創造

広島キャンパスは、教育研究機能と大学宿舎機能を有する典型的な都市型大学をめざして2001年に竣工した15階建の高層ビルです。教育研究ゾーンには現在、昨春開設した医療経営学部の1、2年生233人が通学しているほか、専門職大学院(心理科学研究科実践臨床心理学専攻)があり、2年後には550人規模のキャンパスになります。

立地上、各種学会や研究会、フォーラムなどでもご利用をいただいており、展望フロアは近隣の方々にも開放して地域と大学、地域と学生の交流の場としても活用します。これからも、地域に愛される都市型大学としての機能を追求していく計画です。

 

展望カフェの名称(愛称)は学生たちから公募します。

なお、15階の仮称「展望カフェ」は、今後、広島キャンパスで学ぶ学生たちにとって大きな価値・意味をもつだろうという思いから、本学ではその名称(愛称)を広く学生たちに公募する計画で、近く公募要領を発表する予定です。