資料請求 大学見学

お知らせ

広島国際大学総合リハビリテーション学部開設記念シンポジウムにご参加いただきありがとうございました。

2012年9月10日 掲載

2012年9月8日(土)に中国新聞ホールで、広島国際大学総合リハビリテーション学部開設記念シンポジウム「支援技術が支える高齢者・障がい者の当たり前の生活・社会参加~「いのち・わざ・おもい」をかたちに~」が開催され、約350名の皆様にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。

 

本会では、高齢者・障がい者の当たり前の生活・社会参加を実現させるために、大学・一般企業・行政・当事者といった様々な立場で先駆的な支援をされている方々をお招きし、貴重なお話をいただきました。ご参加いただいた皆様も熱心に耳を傾けておられました。

 

 

また、同時開催の生活支援機器展では、本学からのブース出展のほか、さまざまな医療福祉機器を取り扱っておられる企業・団体の方々にも出展いただき、こちらもお蔭様をもちまして大盛況となりました。ご参加いただいた皆様の関心の高さを知ることができ、本学としても大変貴重な経験となりました。

 

 

 

今後も医療系総合大学として、皆様の関心の高いテーマを積極的に取り上げてまいるとともに、2013年4月開設予定の総合リハビリテーション学部において、本会で得た貴重なお話を生かした教育・研究活動を進めてまいります。