資料請求 大学見学

お知らせ

日本初の国際看護に関するDVDを本学教員が原案監修しました!!

2012年12月4日 掲載

国際化が急速に進む現在、看護の分野においても国際看護が注目され、教育現場でも世界的にカリキュラムの中に取り入れられ始めています。今や看護のプロとして無視する事のできない、「世界のヘルスシステムや看護師のおかれている状況」「国境を越えて移動する病気や人々、看護師への文化的な背景や言葉の問題をふまえたケアや支援」「ヘルス問題とその対策」「看護の分野における国際機関や国際職能団体を通しての諸外国との連携と、世界のヘルスサポート」などといった内容が含まれています。

 

そういった現状を踏まえ、株式会社 医学映像教育センターから発行された『目で見る国際看護』では、「国際看護の現状」「グローバルヘルス」「グローバルヘルスに関する国際機関」の全3巻からなり、国際看護を知るための視聴覚資料として、分かりやすくまとめられています。このDVDの原案監修を、広島国際大学 看護学部 看護学科の西川 まり子准教授が担当しました。

 

本DVDでは主要各国の看護の動向や日本における国際看護の現状、グローバル化に向けた病院の具体的事例を紹介する1巻をはじめ、2巻、3巻とグローバルヘルスについて紹介しています。

 

なお、国際看護を題材にした視聴覚資料は、これまで国内では類を見ない事例であり、多くの方々にお役立ていただける内容になっておりますので、ご関心のある方はぜひご視聴ください。商品に関する詳細につきましては、以下のホームページをご覧ください。

医学映像教育センター:取扱商品>目で見る国際看護

 

今後も本学は医療系総合大学として、学生への教育のみならず、社会の発展に貢献できる高度な研究活動を推進してまいります。