資料請求 大学見学

お知らせ

topics

第2回リハビリテーション支援学科セミナー「役に立つ福祉用具から人を育てる福祉用具の開発へ」開催!!

2013年12月7日掲載

12月14日(土)、広島市中区にあるサテライトキャンパス広島(広島県民文化センター)において、第2回リハビリテーション支援学科セミナー「役に立つ福祉用具から人を育てる福祉用具の開発へ」を開催します。

 

超高齢社会を迎えた日本において、在宅医療・介護を必要とする方や生活習慣病に端を発した障がいのある人が増えています。 そんな中、車いすやリハビリテーションロボットなどの開発によって、工学的なアプローチでリハビリテーションをサポートするリハビリテーション工学の 分野に注目が集まっています。

 

さまざまなリハビリテーション工学の進歩は、障害のある方や高齢の方の生活に大きな変化をもたらし、人的支援に頼る生活から、自分自身が生活の主体となり自分の意思で生活を構築する時代が到来しました。本講座では、長年に渡り福祉用具の開発をすすめてきた講師が、生活を便利にする福祉用具から人を育てる最新の福祉用具について、事例を含めた講演を行う予定です。

 

ご興味がある方は、ぜひお気軽に参加ください。

1.日時

2013年12月14日(土)13:00~15:00

 

2.場所

サテライトキャンパス広島 501教室(広島県民文化センター)(〒730-0051 広島市中区大手町1丁目5-3)

 

3.講師・テーマ

松尾清美氏(佐賀大学 医学部附属地域医療科学教育研究センター 准教授)
テーマ「役に立つ福祉用具から人を育てる福祉用具の開発へ」

 

4.対象者

福祉用具開発企業、研究機関、一般、大学生

 

5.参加費

無料

 

お問い合わせ・申込先

総合リハビリテーション学部リハビリテーション支援学科 坊岡正之

TEL:0823-70-4614

E-mail:m-booka@hw.hirokoku-u.ac.jp