資料請求 大学見学

お知らせ

topics

骨髄ドナーバンク登録を啓蒙する団体『しずく』が広島県に表彰されました!!

2013年10月24日 掲載

広島県では、臓器移植及び造血幹細胞移植の推進や普及啓発についての功績が顕著である者(団体)に対し、感謝状を贈呈することによりその労苦に報いるとともに、移植医療関係者の士気の高揚を図り、移植医療のより一層の推進を図っています。

 

10月23日(水)、広島県庁において「平成25年度臓器移植等推進功労者知事感謝状贈呈式」が執り行われ、本学の骨髄ドナーバンク登録を啓蒙する学生団体『しずく』が表彰されました。

 

↑ 表彰の様子

 

『しずく』はこれまでさまざまな場面で骨髄ドナーバンクに関する知識を啓蒙したり、登録を推奨するなど活動を続けてきました。その場は学内イベントである大学祭や健康フェアにとどまらず、他の機関が主催する広島府中ソレイユでの登録会にもスタッフとして参加するなど、広範囲に渡ります。また、骨髄ドナー登録の啓蒙活動に関する先駆者などを学内に招き、講演会を通じてその必要性を訴え続けてきました。

 

 

↑ 大学祭内での登録会                       ↑ 学外での登録会にも協力

 

『しずく』メンバーを代表して表彰を受けた山本敬史さん(保健医療学部 診療放射線学科 4年生)は、

「今まで自分たちのやってきたことが、このような形で認められ大変うれしいです。今回の表彰に満足せず、これからより一層質の高い活動を続けていきたいと思います。」

とコメントを寄せてくださいました。

 

後日、『しずく』のメンバーの取り組みにかける思いをブログ「とれたてヒロコク便」でお伝えする予定ですので、そちらもぜひご期待ください!!

 

↑ 代表して感謝状を受け取った山本さん