資料請求 大学見学

お知らせ

topics

インターネットを活用したビジネス事例発表会 学生の部で本学学生の発表がグランプリを受賞しました!!

2013年10月28日 掲載

2013年10月24日(木)、広島市南区民文化センターにおいて、「第17回HiBiSインターネットビジネスフォーラム2013発表会」が開催され、ビジネス事例発表会 学生の部で、本学学生の発表がグランプリ(最優秀ビジネス事例)を受賞しました。

 

本発表会を主催する「HiBiS(広島インターネットビジネスソサイエティー)」は、広島県域のインターネットに係わるビジネスを拡大するために、産・学・官の連携によるIT技術の研鑽、利用の実験、活用の実践を行う為の場であり、営利のみで動くのではなく、公共の利益を考え、地域社会の高度化に貢献することを目指しています。

 

今回新設となる学生の部では、あらかじめ18件の応募があった中から3件の「優秀インターネットビジネスプラン(優秀ビジネス事例)」が選出されており、当日は選ばれた3件に関し、学生によるプレゼンテーションが行われました。その結果、本学心理科学研究科感性デザイン学専攻2年生の中村 直樹さんと心理科学部感性デザイン学科4年生の中川 和明さんの発表による「洋服のネットショッピングのためのバーチャル試着システムの提案」が、見事グランプリを受賞しました!!

 

発表された中村さんと中川さんよりコメントをいただいております。

 

心理科学研究科感性デザイン学専攻2年生の中村 直樹さん

「HiBiSにて発表できただけでなく、最優秀ビジネス事例として評価していただけたこと、大変光栄に思っております。先生方のご指導のお陰です。大変感謝しております。会場では、さまざまなご意見をいただき、大変勉強になりました。」

 

心理科学部感性デザイン学科4年生の中川 和明さん

「受賞できたことは大変嬉しく、指導の先生方に感謝するとともに貴重な経験となりました。今後の自信になります。 卒業研究を通じて、少しでも提案の実現に向けて頑張る決意です。」

 

 

↑ 最優秀賞受賞の模様                             ↑ 担当教員とともに