資料請求 大学見学

お知らせ

~総合リハビリテーション学部が人材育成や研究で交流へ~
中国の代表的リハビリ研究機関・大学と協定締結

2015年10月28日掲載

本学総合リハビリテーション学部は10月29日、中国リハビリテーション研究センターおよび首都医科大学リハビリテーション医学院と、協定を締結します。中国唯一の国立、中国リハビリテーション研究センターが日本の教育機関と協定を結ぶのは、2番目となります。

 

中国リハビリテーション研究センターは、北京にある病床数1,200を超える、国立の臨床研究施設です。首都医科大学は北京市が設立、50年以上の歴史を持ち、高い研究実績が評価されています。そのうちリハビリテーション医学院は同センターに隣接し、学生数195人に臨床教員数180人と手厚い臨床教育を行っています。
 
本学は2012年度から続く同センターへの留学プログラム、首都医科大学リハビリテーション医学院との交流などを進めていますが、この度の協定締結により、さらに活発な相互交流が実現します。

 

【概要】

■日時

 2015年10月29日(木)11:30~

■場所

 東広島キャンパス 2号館8階

■協定内容

 ①学生の教育のための交流

 ②教員、研究者の研究のための交流

 ③多岐分野にわたる文献、研究資料、出版物、情報の交換

 ④両機関・大学が合意したその他の交流計画

■出席者

 中国リハビリテーション研究センター総長・

 首都医科大学リハビリテーション医学院院長 李健軍氏

 広島国際大学 学長 秋山實利

           総合リハビリテーション学部長・教授 南山求

           国際交流センター長 村上照夫・教授      ほか

 

取材の申し込みおよび内容に関するお問い合わせ先

広島国際大学 広報室(坂井・中神)
TEL:0823-27-3102