資料請求 大学見学

お知らせ

飲んでみん菜!「広島菜青汁」発売
~本学医療栄養学部の研究チームとの共同研究で、二反田薬品工業から~

2016年8月2日掲載

一般用医薬品(漢方薬・和漢薬)の製造販売を行う二反田薬品工業から、このたび初めて広島菜を配合した青汁、「広島菜青汁」が新発売されました。
広島菜の栄養成分に関する本学との共同研究から生まれた、すっきり美味しい青汁です。

 

【広島菜の研究】

「日本三大漬菜」といわれる広島菜ですが、広島菜漬以外での利用が少なく、全国的にも知名度が低いなど、非常に「おしい」特産品です。機能性研究も少なく、学術的なエビデンスも乏しい状況でした。

そこで同社と本学・医療栄養学部の神田博史教授をはじめとした研究チームは、平成27年2月に広島菜の機能性について共同研究を実施しました。

これにより、広島菜にはS-メチルメチオニン(ビタミンU、別名キャベジン)やポリフェノール類(ケンフェロール、ケルセチン)等の機能性成分が含まれることが明らかとなりました。

 
※商品について詳しくは、二反田薬品工業ホームページ「広島菜青汁の商品案内」をご覧ください。