資料請求 大学見学

お知らせ

進徳女子高等学校と医療・福祉分野で高大連携協定を締結
~食育に関する協働事業も~

2016年12月27日 掲載

12月12日、進徳女子高等学校と高大連携協定を締結しました。この協定締結により、本学が実施する医療・福祉分野のキャリア教育の機会を同校に提供するほか、協働して食育に関する事業を展開していきます。

 


        連携に向けて握手を交わす焼廣学長(右)と飯島敏郎校長

 

両者はこれまでも、医療・福祉分野の理解を促進する同校への出張講義を中心に連携を図ってきましたが、本協定を機に、本学での模擬講義や施設見学などの機会を提供し、高大接続の強化を図ります。

また、同校「食育デザイン科」と、行政と連携し『ひろしま地産地消推進事業』などを展開する本学医療栄養学科が協力し、食育推進事業を実施します。両者のノウハウを生かした新たな協働事業を展開することで、食育を推進できる食と健康のスペシャリストを育成します。
 

焼廣益秀学長は、

「食は健康の源。連携から生まれる新たな協働事業で、食育の重要性を広く発信し、社会に貢献したい」と連携に寄せる決意を述べました。

 

広報室