資料請求 大学見学

お知らせ

満開のベニバナ5万本 見て、染めて、学ぶ
生涯学習自然園を呉市民に開放して「呉藍祭り」開催

2016年6月21日掲載

医療栄養学部の神田博史教授は7月2日と3日、5万本のベニバナが咲き誇る呉キャンパスの生涯学習自然園(以下、自然園)で地域住民向けイベントを実施します。

 

薬用植物や生薬の利用は近年、健康志向の高まりに合わせて注目されていますが、品質の保証された国内産の供給は不十分な現状にあります。

神田教授は3年前から、薬用植物の一つベニバナの別名:呉藍で「呉を盛り上げよう」と自然園での取り組みをスタート。ベニバナの観賞会や染物体験など四季を通して、地域住民に親しまれてきました。

 

今回は、ベニバナの満開シーズンである両日で染物体験を行うほか、2日には、同キャンパス内で有識者による講演会や、薬草で染めたスカーフなどを紹介するファッションショーを実施します。また、3日の観察会では、全国から招いた有識者の解説で園内を見学します。なお参加者には、ベニバナ生花をプレゼントします。
 
ベニバナについて・・・
染料植物で口紅の材料としても知られ、月経不順、血行障害などの改善作用がある薬用植物。藍に次いで中国三国時代の「呉(ご)」から日本に渡来した経緯から「呉藍(くれのあい)」とも呼ばれる。

 

 

           7月初旬には満開を迎えるベニバナ                             染物体験の様子

 

【概要】

■イベント名

 「呉藍(紅花)祭り in 呉・薬草と活性化~市民参加・薬草シンポジウム」

■開催日時

 2016年7月2日(土)10:00~16:30

      7月3日(日)10:00~14:30

■場所

 呉キャンパス 生涯学習自然園および1号館7階メディアホール(呉市広古新開5-1-1)

※その他詳細は、別紙資料をご参照ください。

お問い合わせ先

広島国際大学 広報室(坂井)
TEL:0823-27-3102