資料請求 大学見学

お知らせ

【新型インフルエンザに対する対応について】

2009年4月30日 掲載    

【新型インフルエンザに対する対応について】

 

現在、WHO(世界保健機構)は新型インフルエンザの現状を複数の国で人から人への感染がある「フェーズ5」の状態としています。さらに、この警戒レベルが引き上げられる可能性もあります。状況は随時変わりますので、適切に最新情報を収集され落ちついて行動してください。
 
1.渡航時には
※今までのインフルエンザに対する対応と同じようにしてください。
1)渡航国の状況をできるだけ把握し、渡航可能か、渡航を延期するかを判断してください。
2)感染を防ぐため、マスクを着用してください。(十分な量の予備を携帯する)
3)咳エチケットを強化してください。
4)積極的に手洗いやうがいを行ってください。
5)発熱や咳などインフルエンザ様の症状がみられた時は、現地の医療機関を受診してください。

 

2.帰国してからは
1)帰国後10日間は、発熱や咳などインフルエンザ様の症状の有無がないかをチェックしてください。
2)こうした症状がある場合は、すぐに医療機関を受診せず、事前に最寄りの保健所に相談、医療機関に電話をして受診方法の指導をうけて従うようにしてください。

 

3.加熱豚肉や加工物からの経口感染はありません。

 

4.連休中は、極力人の集まる場所を避け、日常生活では夜更かしなどによる疲労の蓄積や抵抗力を低下させるような行動をしないことが大切です。

 

今後の状況は、随時変化するため、下記のホームページなども参考にしてください。

 

※参考
厚生労働省ホームページ  http://www.mhlw.go.jp/
外務省ホームページ    http://www.mofa.go.jp/mofaj/ 
広島県ホームページ  http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1240904010815/index.html
広島県西部東保健所(東広島市)  TEL 082-422-6911 内線2414
呉市保健所      TEL 0823-25-3525 休日・夜間 0823-25-3590

 

新型インフルエンザに対する対応について