People

結果を出す指導力
Teaching Skills

修士(学術)、臨床検査技師 (講師)
川中 洋平

モチベーションをキープして、本気で取り組むことが大事。

常に国家試験を意識した、毎日の学びの環境を。

臨床検査学専攻では、国家試験対策のための、4年間の学びの流れを徹底させています。国家試験に取り組むモチベーションを刺激するため、1年次と2年次では、医療関連施設への現場見学を実施。県内の血液センターや臨床センターなどへ出向きます。また、日々の授業でも、国家試験で出題された問題を繰り返し取り上げています。

3年次になると、国家試験対策の講義もさらに密度が増します。4年次ではそれにプラスし、夏休みに毎日、午前中の補講を実施。また、万全の態勢で国家試験に挑んでもらえるよう、9月からは模擬試験を毎月実施。一人ひとりの学生とともに、苦手箇所を徹底的に洗い出し克服していきます。

学生の成長を支えながら、教員もともに成長していく。

医療現場の仕事は、患者さんの命を左右する大きな責任をともないます。学生たちも、将来の自分の姿を重ねて考えて欲しいと思います。そして、国家試験の勉強も日々の講義も生半可な気持ちではいられない、ということを肝に銘じて欲しいと思います。学生たちを支えるために、私たち教員も常に勉強し、指導力を高めていきます。

就職活動においても、教員のネットワークを最大限に活用して様々な情報やアドバイスを行います。できるだけ希望の就職先に行けるよう、縁の下で精一杯支えます。チーム医療の一員として活躍してくれることが私たちの歓びです。

2017.6.8

PAGE TOP