教育プログラム

Education Program

いのちを学び、専門性を養う。

「食」は、いのちの源となる大事なもの。疾病予防、介護予防、病気の重症化予防など、健康維持に深くかかわっています。 一人ひとりの生活やこころの状態などを踏まえ、適した栄養指導ができる管理栄養士をめざして、基礎から段階的に学修。実践する力を養っていきます。


4年間のカリキュラム構成

1年次

基礎を固める

食と栄養の基礎を学び、早期体験学習により管理栄養士としての意識を高めます。

2年次

専門性を深める

管理栄養士の基礎となる専門知識を身に付け、3年次から始まる学外実習に備えます。

3年次

現場感覚を養う

学んだ専門知識と技術を進化させるため、学外実習を通して現場の実態を学びます。

4年次

国家試験に挑む

卒業研究に取り組むと同時に、国家試験合格に向けてラストスパート。

1年次基礎を固める

「管理栄養士」の役割や使命を学び、将来像を固めていく。

化学・生物の補習教育を行い、基礎を徹底的に固めます。同時に実習・実験科目もスタート。管理栄養士としての自覚を育みます。

カリキュラム

共通教育科目
(1年次)

  • 国際社会の理解Ⅰ・Ⅱ
    人間と思想・文化Ⅱ・Ⅲ
    人間と現代社会Ⅱ・Ⅲ
    人間と科学・技術Ⅰ・Ⅱ
    哲学
    文学
    倫理学
    心理学
    日本語表現法
  • 芸術学
    文化人類学
    コミュニケーション論
    日本国憲法
    経済学
    社会学
    歴史学
    政治学
    教育学
  • 統計学
    数学
    物理学
    化学
    生物学
    情報処理Ⅰa・Ⅰb
    情報倫理
    英語Ⅰa・Ⅰb・Ⅱa・Ⅱb
  • ドイツ語a・b
    中国語a・b
    韓国語a・b
    スポーツⅠ
    スポーツⅡ・スポーツⅢ
    基礎ゼミナール
    キャリア開発演習Ⅰ
    日本事情Ⅰ・Ⅱ
    日本語Ⅰa・Ⅰb

専門科目
(1年次)

  • チュートリアル
    管理栄養士概論
    早期体験学習
    臨床医学概論(生命倫理を含む)
    公衆衛生学Ⅰ
  • 健康栄養管理学
    人体の構造とその機能
    生理解剖学実習
    生物有機化学
    栄養化学実験
  • 生化学Ⅰ
    食べ物と栄養Ⅰ
    食べ物と栄養Ⅱ
    実験・食べ物と栄養
    調理学
  • 調理学実習Ⅰ
    栄養・健康教育論
    食医養生論

※■は必修科目 ※カリキュラムは予定であり、変更になる可能性があります。

授業科目紹介

  • 調理学実習Ⅰ

    調理学実習Ⅰ

    実際に調理を行い、食品の成分や物性の変化を理解し、美味しい食事を提供するための能力を養います。加えて、食中毒のリスク対策も学びます。

  • 実験・食べ物と栄養

    実験・食べ物と栄養

    食品に含まれる成分を分析する、実験の基礎的知識と技術を修得します。身近な食品で実験を行い、食品関連分野への興味と理解を深めます。

調理実習室

広い調理台や冷蔵庫、大型シンクなど、実際の現場で使用されている設備をそろえた調理室です。調理学実習Ⅰをはじめ、患者さんの献立を作成する基礎実習などでも使用します。

調理実習室

2年次専門性を深める

段階的な教育プログラムを通して、専門知識を身に付ける。

専門科目の履修が増加。段階を踏んで積み上げていく体系的な教育プログラムで、学んだ専門知識を実践する力へと結び付けていきます。

カリキュラム

共通教育科目
(2年次)

  • 国際社会の理解Ⅲ
    人間と思想・文化Ⅰ
    人間と現代社会Ⅰ
  • 人間と科学・技術Ⅲ
    情報処理Ⅱ・Ⅲ
    英語Ⅲa・Ⅲb
  • 英語Ⅳa・Ⅳb・Ⅴa・Ⅴb
    Global Communication
    日本語Ⅱ

専門科目
(2年次)

  • 生化学Ⅱ
    生化学実験
    臨床病態学Ⅰ
    臨床病態学Ⅱ
    微生物と生体防御
    食品加工学
  • 食品加工学実習
    食の安全とその実践
    食品衛生学実習
    調理学実習Ⅱ
    献立作成実習
    基礎栄養学
  • 基礎栄養学実験
    応用栄養学概論
    行動科学と栄養教育
    健康・栄養マネジメント実習
    臨床栄養学概論
    栄養ケア技術実習
  • 社会環境と健康・栄養政策
    給食経営管理総論
    給食経営管理各論
    給食経営管理実習Ⅰ
    薬食同源思想
    薬膳実習

※■は必修科目 ※カリキュラムは予定であり、変更になる可能性があります。

授業科目紹介

  • 給食経営管理実習Ⅰ

    給食経営管理実習Ⅰ

    病院、学校、事業所などの特定給食施設における、大人数を対象とした食事の献立作成・調理、衛生管理、栄養指導などの技術と理論を学修します。

  • 栄養ケア技術実習

    栄養ケア技術実習

    傷病者の病態や栄養状態にあった適切な栄養管理を遂行できる、総合的なマネジメント能力を修得するため、体験的に学修していきます。

給食経営管理実習室

衛生管理システム「HACCP」に基づいた衛生的な施設です。学校給食や病院の入院食など、200食の大量調理を実践できます。

給食経営管理実習室

3年次現場感覚を養う

さまざまな実習を経験し、現場で対応できる力を養う。

実践的な学修が中心となる3年次。学内外で行うさまざまな実習を通して、管理栄養士としての専門性、現場対応力を高めていきます。

カリキュラム

専門科目
(3年次)

  • 感染症とその薬
    ライフステージ栄養学
    スポーツ栄養学
    応用栄養学実習
    栄養カウンセリング論
  • 栄養教育プログラム実習
    医療・福祉・介護と栄養ケア
    栄養ケアマネジメント各論Ⅰ
    栄養ケアマネジメント各論Ⅱ
    疾病別栄養管理実習
  • 公衆栄養マネジメント
    食事調査実習
    公衆栄養学実習
    給食経営管理実習Ⅱ
    栄養薬学
  • 在宅栄養管理・食の力開発論
    臨地実習Ⅰ(給食の経営)
    卒業研究Ⅰ

※■は必修科目 ※カリキュラムは予定であり、変更になる可能性があります。

授業科目紹介

  • 応用栄養学実習

    応用栄養学に関する必要な技能を修得し、妊娠期・授乳期・新生児期・高齢期などのライフステージや生活環境に応じた栄養マネジメントについて理解します。

  • 食事調査実習

    的確な食事摂取量を把握し、評価する技術を身に付けるための授業です。主な食事調査方法の特徴と活用について理解を深めるとともに、実習を通して現場で実践できる力を養います。

4年次国家試験に挑む

管理栄養士の国家試験合格へ向けた、総仕上げ。

それぞれの研究室で、卒業研究を進めます。卒業論文の発表後は、本学独自の国家試験対策プログラムに集中し、合格をめざします。

カリキュラム

専門科目
(4年次)

  • ソーシャルマーケティング論
    総合専門演習Ⅰ
    総合専門演習Ⅱ
  • 臨地実習Ⅱ(給食経営管理論)
    臨地実習Ⅲ(臨床栄養学)
    臨地実習Ⅳ(臨床栄養学)
  • 臨地実習Ⅴ(公衆栄養学)
    卒業研究Ⅱ
    専門職連携演習

※■は必修科目 ※カリキュラムは予定であり、変更になる可能性があります。

授業科目紹介

  • 臨地実習Ⅱ~Ⅴ

    病院、福祉施設、保健所・保健センター、企業の給食部門、給食会社などで、4週間以上の実習を行い、栄養管理方法や給食経営管理の実態を学びます。

  • 卒業研究Ⅱ

    調査や実験を行い、研究成果を理論的に整理して、卒業論文を作成します。研究活動を通して、自ら課題を見出し、自らの力で解決する手段を考え、実行することで問題解決能力を養います。

ページのトップへ戻る