1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 大学見学

その他

 

健康レシピコンテスト「地産地消定食」受賞作品が決定!!

2016年7月25日(月)~9月6日(火)で募集しておりました「健康レシピコンテスト 地産地消定食」は、おかげさまで期間中に多数のご応募をいただきました。ご応募いただきました皆様、まことにありがとうございます。

書類審査・試食審査を行いました結果、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、審査員特別賞2作品、奨励賞6作品が選ばれました。各作品を以下に紹介しております。

栄養たっぷりカラフルモーニング

原尻 晶穂さん(広島市立沼田高等学校)
パンケーキ/ピザ風ささみ/そうめんうりのかきあげ風/そうめんうりのサラダ/コーンスープ

【工夫点】

パンケーキに小松菜と人参をペースト状にしたものを入れることによって、

野菜嫌いな子どもも気づかずにおいしく食べることができる。
さらに茹でずにレンジでしんなりさせることにより、栄養分を逃すことなく摂取できる。おからの粉を入れることにより、満腹感UP!!

【審査委員コメント】

野菜ペーストを使ったパンケーキのアイデアがすばらしい。
そうめん瓜やとうもろこしの使い方が斬新でした。

 

敬老の日のちらしずし定食

橋本 春菜さん・礒崎 樹里菜さん・沖 実吹さん・寺岡 成美さん・松本 美咲さん・三好 菜月さん・森岡 莉菜さん(愛媛県立大洲農業高等学校)

栗入りちらし寿司/なすの紅白田楽/いも炊き/ぶどうのプリン

【工夫点】

愛媛県ではお祝い事にちらし寿司を作る習慣があります。大洲の特産品であるしいたけや栗をいれた具だくさんのお寿司をメインに、大洲の郷土料理である「いもたき」、本校で採れたなすを使った「田楽」と、本校のぶどうを使ったプリンを加えてお年寄りに食べやすい定食にしました。

【審査員コメント】

栗お寿司、くるみ田楽などアイデアが豊富。たくさんの地元の食材を使ったバランスの良い定食でした。

秋の地産地消定食

三浦 愛さん(早鞆高等学校)

家庭の味 五目ご飯/山口県産野菜の天ぷら/一口サイズの三菜/下関のかまぼこのすまし汁

【工夫点】

全ての料理に山口県産の物を使い、卵焼きには安岡ねぎ、天ぷらには岩国れんこんや市場で買った新鮮なえびを使い、天つゆと大根おろしをあわせたものをつけて食べてほしいです。

【審査員コメント】

地元の食材をふんだんに使った季節感あふれる定食でした。

たっぷり夏野菜定食

古島 憩さん(広島県立呉三津田高等学校)
枝豆ごはん/なすの豚肉巻き/添え野菜/わかめと豆腐のみそ汁

【工夫点】

地元で採れた旬の夏野菜をふんだんに取り入れました。また、見た目の彩りが鮮やかであるように緑黄色野菜を使ったり、混ぜごはんにしたりして明るくしました。

【審査員コメント】

枝豆ごはんが最高!

夏野菜の元気100倍定食

田邉 楓華さん(広島県立忠海高等学校)
ご飯/高野豆腐の空揚げ/そえ野菜/オクラと長芋のかつお節ポン酢あえ/トマトとアスパラのコンソメスープ

【工夫点】

夏バテしていても、酢や長芋などの成分によって回復できるようなメニューにしました。さっぱりとしたものを中心に献立をたてました。また、できるかぎり地産地消にこだわって作っています。子どもからお年寄りまで誰もが楽しめる、おいしいと思える優しい味付けにしました。

【審査員コメント】

高野豆腐の空揚げはすばらしい発想ですね。身体に優しい思いやりあふれるメニューでした。

地場産物定食

上土井 駿さん(広島県立可部高等学校)
たこ飯/ナスとアスパラの肉まき/ポテトサラダ/小松菜とうめぼしのおひたし/みそ汁

【審査員コメント】

地域の野菜を肉巻きにした、若者らしい発想の一品でした。

ヘルシー広島たくさん定食

若佐 凜さん(広島県立高陽東高等学校)
広島菜おにぎり/揚げぎょうざ/広島産小松菜のナムル/豊島産ひじきスープ

【審査員コメント】

懐かしい広島菜のおにぎりが、おばあちゃんへの愛情を感じます。


江田島てんこもり定食

櫻木 弥優さん(進徳女子高等学校)
枝豆ごはん/あじの南蛮漬け/夏野菜のオリーブオイルあえ/みそ汁

【審査員コメント】

江田島への熱い想いが感じられる一品でした。

中華風チキン南バン定食

岡谷 拓実さん(広島桜が丘高等学校)
ご飯/チキン南ばん/春雨サラダ/チリメンげんき汁

【審査員コメント】

チリメンげんき汁がアイデア賞です。


あっさり!夏バテ防止定食

苗渋 夢さん(広島県立呉三津田高等学校)
白ご飯/チキン南蛮/ゴーヤときゅうりの酢の物/なすのお味噌汁          

【審査員コメント】

チキン南蛮のタルタルソースがよく工夫されていました。

ちりタコ定食

志田 万由子さん(広島県立呉三津田高等学校)
タコ飯/じゃこと青じそのかき揚げ/サラダ/ひじきの煮物/豆腐としめじの吸いもの

【審査員コメント】

地域の食材を豊富に使い、一品一品工夫されていました。

 

健康レシピコンテスト「地産地消定食」受賞者の表彰訪問を行いました!

表彰訪問の様子

 
 

健康レシピコンテスト「地産地消定食」募集!

2016年6月24日掲載

第4回健康レシピコンテストを開催いたします。
今年度のテーマは「地産地消定食」。

 
みなさんの地元で採れた食材を使った定食を、大募集します。
どんな食材が地元で採れるのか、作られているのか、この機会に知って、アピールしてみませんか。

みなさんからのたくさんの応募をお待ちしています。

 
※左のチラシをクリックしますと、応募用紙が表示されます。

募集期間
2016年7月25日(月)~9月6日(火) 必着
 
応募資格
高校生(個人でもグループでも応募できます)
 
ルール
①主食(ごはんやパン)となるもの
②主菜(肉、魚、卵や豆腐など)となるもの
③副菜(野菜類)となるもの
④汁物
※定食となるよう①~④すべてをレシピに盛り込んでください。
 
応募方法
応募用紙に必要事項を記入し、写真を添付して郵送またはメールで送ってください。
◇応募作品は未発表のものとし、返却は致しません。
 また、写真はL版カラーとし、料理がよく見えるように撮影してください。
◇レシピは、もれのないよう、見やすい字で記入をお願いします。

応募いただく方は、以下の点について了承したものとします。

・応募にかかる費用は応募者の負担とします。

・応募作品の著作権は本学に帰属します。

・応募される際に得られた個人情報は、本コンテストに資する目的以外に使用いたしません。

・受賞作品をホームページ等に掲載する際、見やすくするために一部編集する場合があります。

 
 
審査及び表彰
◇1次審査:医療栄養学部教員による書類審査
 2次審査:レシピに基づいて調理し、学長および教員による試食審査で受賞作品を決定します。
◇受賞者には表彰状及び副賞を進呈します。
 (9月20日(火)までに連絡させていただきます。)
◇後日、高校に訪問し、表彰させていただきます。
 最優秀賞作品については大学食堂にて、期間限定で提供予定です。
 試作および提供用にアレンジ・入荷可能な食材に変更することがございます。ご了承ください。

★問い合わせ先
〒737-0112
広島県呉市広古新開5-1-1
医療栄養学部事務室
(担当:青木)
Tel:0823-73-8980
E-mail: oobo@ps.hirokoku-u.ac.jp

 


最終更新日:2016年11月30日