1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 大学見学

その他

第3章 放射線の防護方法

放射線被ばくは、人体の外から放射線を浴びる外部被ばくと放射性物質を体内に取り入れた時に被ばくする内部被ばくがあります。放射線防護の方法はそれぞれの放射線被ばくの仕方で違います。

 

(1)外部被ばくの防護

外部被ばくを防護するには、次の方法が採られます。

 

 ① 遮蔽:放射線を遮へいする

 ② 時間:放射線にさらされる時間を短くする

 ③ 距離:線源から距離をとる

 

の3つの方法があり、これらを外部被ばく防護の3原則といいます。
また、不必要な線源の除去などの線源管理も外部被ばくの防護となります(図3.1)。

 

通常は、外部被ばくの防護方法は、いずれか一つの防護方法のみで行うのではなく、3原則を適切に組み合わせることにより行います。 

外部被ばくの防護(広島国際大学)

 

 

(2)内部被ばくの防護

内部被ばくは、研究などを行う放射線業務従事者と一般公衆人とは区別して考える必要があります。両者とも放射性物質(放射性同位元素)を体内に取り込むリスクを下げることが重要です。
放射線業務従事者に対しては、内部被ばくの防護の原則には、次の3D・2Cの原則があります

 

 ① 希釈(Dilute):薄める

 ② 分散(Disperse):換気するなど

 ③ 除去(Decontaminate): 汚染を除去する

 ④ 閉じ込め(Contain):容器に入れる

 ⑤ 集中(Concentrate):線源の保管

 

また、一般の公衆人の内部被ばくを防護するためには、感染予防の場合と同じような方法をとります。

 

放射性物質を皮膚につけない。

(防護方法は、換気扇などを回さずに部屋の中にいる。外出時には雨合羽などで体を包み込む。皮膚などに放射性物質が付着した場合には、シャワーで身体を洗う。)

 ① 放射性物質を吸わない

    (防護方法は、外出する場合には、短時間で用事を済ます)

 ② 放射性物質を口に入れない

    (防護方法は、放射性物質が付着した食物や野菜などを食べない)

 ③ 体内に取り込んだ物質からの放射線を遮蔽することなどは不可能です。

   これらの原則に従い、放射性物質を体内に入れないことが防護につながります(図3.2)。

 

放射線被ばくの話 ページ一覧

 第1章 放射線、放射能(放射性物質)
 第2章 放射線の利用
 第3章 放射線の防護方法
 第4章 自然放射線被ばくと人工放射線被ばく
 第5章 医療放射線被ばく(外部被ばくおよび内部被ばく)
 第6章 放射線障害(確定的影響および確率的影響)
 第7章 胎児期の影響
 第8章 放射線の測定
 第9章 Q & A

最終更新日:2011年11月16日