教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms39

sp_vol39

現代に合った教育方法を模索中。
薬学部は、明確な志望動機を持つ人を待っている。

教授 赤木 宏行

医学博士、薬剤師

専門分野:分子細胞神経科学、薬理学

講義では、重要なポイントを繰り返し説明する。何度も繰り返すことで記憶の刷り込みを行う。研究室では、個々の学生の能力差が大きいため、能力に応じたテーマの設定と指導を行うよう心掛けている。

教員と学生は、学問の場で互いに切磋琢磨し、真実を探求する。むろん、知識、見識の差こそあれ、双方とも自立した大人同士である。このような昔流の大学の先生と学生の関係は、現代では通用しないことは認識している。しかし、かといって大学は義務教育ではないのだから、学ぶ意欲が強い学生を伸ばすための教育をすることが理想である。特に、日本では、大学全入時代を迎えて、学ぶ意欲が乏しい学生が大勢進学している現状がある。理想だけを追っていては収拾がつかなくなるため、ある意味、二律背反ではあるが、できる子を伸ばしながら、学修意欲が希薄で、のんびりとした学生たちの底上げをする教育法がないのか、模索している。グループ学習方式のアクティブラーニングは一つの解決法かもしれないが、1コマ程度の導入で教育効果があがるものか、いささか疑問である。いまだ、解は見つけていない。しかし、粘り強く解決方法を探る。

私見だが、医師や看護師を目指す高校生と比べると、薬剤師になりたい人の中には、動機がまだまだ希薄な印象を持つ人が少なくない(テレビドラマなどでの取り上げ方が一因かも?)。薬剤師の職域は、近年、大きく拡がっている。今から薬学部を目指す人は、現場(病院、薬局、その他)で働く薬剤師の生の声を聴く、あるいはインターネットを活用するなどして最新の情報を収集し、そのうえで自分の適性を踏まえ、明確な志望動機をもって薬学部に進学されることを希望する。

ページのトップへ戻る