呉キャンパス整備状況のご報告

2018年12月17日

本学は、本年3月に20周年を迎えましたが、2017年から2019年の3年間にわたり、20周年事業として教育改革や地域とのとりくみ、キャンパス整備などを展開しております。後2週間足らずで2019年を迎えますが、今回は、現在の呉キャンパス整備状況についてご報告いたします。

◇教育会館(仮称)、クラブハウス新築◇
今年度初めから工事にかかっていた教育会館(仮称)とクラブハウスですが、随分と形が見えてきました。12月13日に中間出来高検査があり、初めて建物の内部に入りました。全体の35%程度まで終了したという報告がありました。鉄骨は組み立てが終わっており、教育会館(4階建て)は3階まで、クラブハウス(2階建て)は2階まで上がりました。建物自体は3月末に竣工し、備品等の搬入などをして、供用開始となります。クラブハウスは4月頃、教育会館は9月頃から使用できる見込みです。カフェレストランや専門職連携教育演習室、ラーニングコモンズなどを整備しますが、完成が楽しみです。

 
教育会館1階                            クラブハウス2階
<手前が「交流テラス」奥が「カフェレストラン」>     <左はエレベーター、右奥はバリアフリートイレ、
シャワールーム>

◇バラ園◇
正門を入ってすぐ左側、1号館から見ると正門に向かって右側は、現在空地となっていますが、来年早々からバラ園開設に向けて整備に入ります。このバラ園は、地域の方々とともに整備計画を立てました。4月の開園後も協力して運営していく予定です。どんな花をみせてくれるのか、楽しみです。


<1号館側から見たバラ園予定地。>

※なお、キャンパス整備の詳細な内容や完成イメージはこちらとなります。