1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 大学見学

大学紹介

カリキュラムポリシー

 

大学院のカリキュラムポリシー

看護学研究科看護学専攻【博士前期課程】看護学専攻【博士後期課程】

医療・福祉科学研究科医療工学専攻【博士前期課程】医療工学専攻【博士後期課程】医療福祉学専攻【修士課程】医療経営学専攻【修士課程】

心理科学研究科臨床心理学専攻【博士後期課程】コミュニケーション学専攻【修士課程】実践臨床心理学専攻【専門職学位課程】

薬学研究科医療薬学専攻

助産学専攻科

 

研究科専攻名課程カリキュラムポリシー
 看護学研究科 看護学研究科の教育研究上の目的は、『超高齢社会と高度先端医療に対応できる看護師の育成と、看護系大学の急増に伴う看護教員養成の社会的要請に対応するため、博士前期課程・後期課程の一貫したカリキュラムのもと、高度実践看護師や看護教育研究者を育成する。』ことである。上記の目的を達成するために以下の方針でカリキュラムを編成する。
看護学専攻 博士前期課程 博士前期課程では、「看護基礎科学領域」と「看護実践科学領域」に大きく分類する。「看護基礎科学領域」には、看護学を支持する広範な知識を修得できるような授業科目を開設する。また、「看護実践科学領域」には、4つの専門分野を設け、各専門分野の知識と技術を修得し研究能力を向上させるため、各々複数の講義科目と演習科目を開設し、さらに修士論文執筆に向けて、各特別研究を開設する。
看護学専攻 博士後期課程 博士後期課程では、専門分野に関わらず履修可能な分野として「専門基礎分野」を設置する。この分野には、看護の様々な専門領域における研究内容について学修する科目を開設する。また、博士論文執筆に向けた「看護実践科学特別研究」の基盤となる専門分野として「生活支援看護学分野」と「健康保健学分野」を設置する。学生は希望する専門性に応じ、2分野のいずれかの科目を選択する。
医療・福祉科学研究科 本研究科では、高度にして専門的な保健・医療・福祉の分野における理論および応用を教授研究し、その深奥を究め、または高度の専門性が求められる保健・医療・福祉の分野における職業を担うための深い学識および卓越した能力を培い、文化の進展と人類の福祉に寄与することを目的とする。これを踏まえ、各専攻の目的に従ってそれぞれのカリキュラムを編成する。
医療工学専攻 博士前期課程 本専攻の教育研究上の目的は医療工学を発展させ、医療従事者の専門知識および技術水準の向上を図るとともに、多様な医療技術における問題を統合的・組織的に把握し、問題解決を図る能力を持つ教育者・指導者・研究者を育成することである。本専攻博士前期課程では医療工学分野の幅広い知識と共に、学生の専門分野での高度な知識・技術の修得および論理的思考能力の育成をし、さらに医療チームの一員として地域医療・先進医療へ貢献できる人材としての成長を促す。そのために本課程の科目は、専門基礎領域の特論・実習、専門領域の特論・実習、特別研究から成る。専門基礎領域では、それぞれの出身分野における幅広い知識を得る特論の他に、「医療倫理特論」「医療工学実習」を必修とし医療工学分野の幅広い知識を身につける。専門領域には放射線学、臨床工学、理学療法の3分野の特論および、これらに関連した実習を配当した。放射線学分野では画像診断および放射線治療に関連した特論、臨床工学分野では循環器および生体機能の代行に関連した特論、理学療法分野では神経系およびスポーツリハビリテーションに関連した特論を中心に19科目の講義を設け、高度な知識を修得する。またこれらに関連した8科目の実習を設け、高度な技術の修得と理解を目指す。「特別研究」では、複数指導教員体制を採用し、医療チームの一員として活躍する際に重要な様々な角度から問題を検討し、解決に導く能力を養成する。
博士後期課程 本専攻の教育研究上の目的は医療工学を発展させ、医療従事者の専門知識および技術水準の向上を図るとともに、多様な医療技術における問題を統合的・組織的に把握し、問題解決を図る能力を持つ教育者・指導者・研究者を育成することである。本専攻博士後期課程では医療工学分野の幅広い知識をもとにさまざまな専門家とコミュニケーションをできる能力、さらに学生の専門分野での研究を企画・遂行する能力を修得させることで、指導的立場の研究者や教育者として活躍できる能力を持った人材を養成する。そのための本課程の科目は、演習と特別研究から成る。演習は、医療画像・生物情報工学領域に4演習、循環器システム工学領域に3演習、健康科学領域に3演習配置しており、いずれも教員および他の学生とのディスカッションを主体として行われ、専門的な知識の獲得、およびコミュニケーション能力と共に医療工学全般にわたる幅広い視野から課題を見いだし、解決する専門的な能力を養う。本課程の特別研究においても博士前期課程と同様に複数教員指導体制をとり、それぞれの専門領域においてさまざまな視点から研究を企画・遂行していくことができる能力を修得させる。
医療福祉学専攻 修士課程

1)本学大学院は、健康・医療・福祉系大学院であり、医療福祉分野における深い学識と卓越した実践能力を持つ高度専門職業人養成に必要な科目を配置する。

2)医療福祉学は、社会福祉学を基礎としており、(社団)日本社会福祉教育学校連盟「社会福祉系大学院博士前期・修士課程カリキュラムガイドライン」(2006年)に準拠して、社会福祉研究の能力を有する高度専門職業人の養成に必要な科目を配置している。

医療経営学専攻 修士課程

医療の分野で仕事をする場合に不可欠な、基礎医学、臨床医学、薬学、看護学等の知識を幅広く修得し、経営経済分野の知識、システム分野の知識を修得し、医療現場で実習を行うようにしています。座学と現場での実習との関連付けに配慮しながら、実践的な「特別研究」へと学修が進むようにしています。

修学の4つのモデル(病院管理志向モデル・医療経営コンサルティング志向モデル・国際活動志向モデル・医療情報システムエンジニア志向モデル) を作成し、各個人の希望に沿った、学習および研究ができるようにしています。

心理科学研究科

 

 

教育研究上の目的は基礎心理学から心理臨床現場実習までの幅広い心理学の知識の教授と実践的な学修により自己理解・他者理解を促し、人と支えあい協働でき、心理学の知識や技術を活用して適切な進路を選択し、そこで主体的に活躍できる人材を育成することである。この目的を達成するためにカリキュラムを編成する。
臨床心理学専攻 博士後期課程

臨床心理学専攻では、人間のこころと行動の諸問題に対する臨床心理学的洞察を深め、それらの問題を解決するための理論や技法を研究し、社会に発信できる人材、すなわち研究能力を持った臨床能力のある専門家を育成することを教育目標とする。

1)臨床家としての幅広い基盤づくりを目指し、具体的な臨床のスキルを身につけることができるように教育する。

2)人を対象とする際の研究倫理について、的確な考慮および措置がとれるように教育する。

3)人を対象とするさまざまな研究データを的確に扱えるように教育する。

4)研究成果を国内外に発信できるような、論文執筆能力を養うように教育する。 

コミュニケーション学専攻 修士課程

以下のようなカリキュラムを編成する。

1)人間行動に対して知識と深い洞察を持ち、論理的、客観的、批判的思考ができる。

2)異なる言語、社会、文化、宗教を尊重し、より寛容な他者理解ができる。

3)心身の健康維持のための知識を持ち、高い精神性のより善い生き方を志向できる。

実践臨床心理学専攻 専門職学位課程 本専攻のカリキュラムでは、地域社会、家族および教育の再生等さまざまな解決すべき問題が山積している人間社会において、その問題の解決を図ることができる高度な臨床実践技能を身につけた「心の専門家」を育成することを最大の目標としている。
薬学研究科

薬学研究科のカリキュラムは、高度な臨床応用力を有す薬剤師研究者や薬学教育者を養成する目的で、研究・臨床的意義やその使命について理解させるために必要な独自の科目群を配置しています。また、広島国際大学大学院は、薬学研究科に加え、医療・福祉科学研究科、看護学研究科、心理科学研究科などを擁する医療系総合大学であり、大学院生の特別研究を遂行する上で有益と判断される場合は、他研究科教員や高度先端医療を実践する医療機関との共同研究を行うことが可能です。

医療薬学専攻 博士課程

本専攻は、指導教員の専門性と社会要請の多様化に応じて、医療薬学基盤研究分野コース、医療薬学支援研究分野コース、および医療薬学研究分野コースの3つの研究分野コースを設け、更に各分野にそれぞれ2つの志向モデルを準備することにより大学院進学者の多様な要望・志望に対応します。また、科目としては、専門基礎講義、専修特論、専修演習、特設講座(実習)および特別研究(研究)から編成します。

1)専門基礎:講義・演習を主体とし、高度な医療薬学教育への導入科目となり、本専攻が目指す研究・臨床的意義やその使命について理解する。

2)専修特論:薬学に関連する広範囲の最新の学問を学ぶ。

3)専修演習、特別研究:所属研究室において、専修演習や最新の課題となる特別研究を通して、医療薬学への関心や専門的志向の向上をはかり、かつ、高度な学会発表の技能や論文作成法について学ぶ。

4)特設講座:「医療薬学特設講座Ⅱ」は連携している医療機関における臨床研修であり、薬学領域に関するより実践的な知識や技能を獲得するプログラムである。医療機関と協働し、臨床的な研究課題を選定することも可能である。

なお、以上の1~4の科目は、薬学関連以外の学部から入学してきた大学院生でも段階的に学修できるように配慮しています。

助産学専攻科

教育の目的は「助産学における学識および卓越した助産実践能力を培い、高度医療化や国際化にも対応できるリプロダクティブヘルス分野におけるスペシャリスト」を育成することである。この目的を達成するためにカリキュラムを編成する。

最終更新日:2017年5月18日