広島国際大学 心理学部 心理学科

広島国際大学オフィシャルサイト

実践臨床心理学専攻

  1. トップ>
  2. 教員紹介

教員紹介

教員紹介

伊藤 啓介

准教授
伊藤 啓介(いとう けいすけ)

専門分野
発達障害臨床、児童思春期臨床、行動療法
研究テーマ
1) Parent Training 研究 発達障害の親の Training Program の開発と臨床
2) 児童思春期の心性理解と臨床 児童思春期の心理特性の調査と臨床への応用
主な担当予定科目
障害児(者)心理学、心理面接実習

子育てに不安を抱える親に、訓練プログラムを開発。

問題を抱える子どもを持つ親のために、親訓練プログラムを開発し、研究・開発してきました。 現在は教育・研究の傍ら、特別支援教育巡回相談の専門家チームの一員として広島市の中学校を巡回し、 指導・アドバイスをしています。

岩田 昇

教授
岩田 昇(いわた のぼる)

専門分野
産業保健心理学、健康心理学、精神科疫学
研究テーマ
1) 精神健康・ストレス測定評価に関する研究 項目反応理論を応用したコンピュータ版適応型テストの開発と現場応用
2) 生活習慣・パーソナリティと身体および精神健康状態との関連に関する研究 経時的な心身健康状態の変動に対する生活習慣やパーソナリティ・ソーシャルサポートの影響評価
3) 児童・生徒・教師のメンタルヘルス
主な担当予定科目
健康・ポジティブ心理学、心理学実践実習(産業・社会)

人のこころに潜む疾病を浮き彫りにし、解決に導く。

過去には、厚生労働省の研究班や文部科学省研究費で、 PCを用いたうつ症状測定のための適応型テストを開発。 ワークライフバランス調査など、従来の研究手法に加え、 PCを用いての潜在指標測定の研究など、研究領域・アプローチを広げ現在に至ります。

大島 聖美

助教
大島 聖美(おおしま きよみ)

専門分野
発達臨床心理学
研究テーマ
1) 青年期の家族関係に関する研究
主な担当予定科目
心理アセスメント実習、地域支援実習

家族関係が青年の心理的健康に与える影響を研究。

夫婦関係や親子関係が、どのように青年の心理的健康に影響を与えるのかという観点で、 研究を行ってきました。 現在はこれまでの研究を活かして、若者の親認識変容プログラム開発研究を行っています。

大藤 弘典

講師
大藤 弘典(おおとう ひろのり)

専門分野
認知心理学
研究テーマ
1)空間記憶の研究 記憶負荷が位置関係の記憶に及ぼす影響
2)空間表象の構成過程に関する研究 状況に応じた空間表象の性質の変化
主な担当予定科目
認知心理学、社会調査法概論
スポットライト
「場所の記憶~オキーフ氏のノーベル医学生理学賞受賞を受けて~」

記憶(知識)、身体、状況が絡む空間認知の実証を目指す。

人のコミュニケーションや認知能力との関わりについて、心理実験を通した検証を行っています。

小野寺 孝義

教授
小野寺 孝義(おのでら たかよし)

専門分野
社会心理学
研究テーマ
1) 心理学論文のインパクトに関する研究 心理学論文に関する統計量を研究
2) フェイクデータの研究 データの妥当性の研究
3) 協同学習に関する研究
主な担当予定科目
心理学概論Ⅰ(基礎心理系)

心理学を研究するとはどういうことか? 統計の知識を活用。

これまで、社会心理学における対人認知や心理学研究自体の意味に関する研究を行ってきました。
現在はそれに加えて、協同学習について研究を行っています。

河本 肇

教授
河本 肇(かわもと はじめ)

専門分野
教育臨床心理学
研究テーマ
1) 保健室における健康相談活動について
主な担当予定科目
臨床心理学、学校カウンセリング

子どもが健やかに成長するために欠かせない大人の関わり。

子どもが健やかに成長するために、大人はどのような関わりをしていけばよいかということを考えています。学校以外の場所に心の居場所を作ることで、子どもの心の安定を図るための機能をもつ適応指導教室の研究を続けてきました。

鈴木 佳奈

講師
鈴木 佳奈(すずき かな)

専門分野
社会言語学、会話分析、ディベート・ディスカッション教育
研究テーマ
1)日本語母語話者間の日常会話に関する研究
会話における人の「こころの動き」の可視化
2)ディベート教授法の開発
大学生を対象としたディベート授業プログラムの設計と実践
主な担当予定科目
コミュニケーション演習、コミュニケーション実習Ⅰ

コミュニケーションにおけることばの働きを教育する。

人間関係の形成におけることばの役割に興味を持ち、会話分析の本場、イギリスで学んだ経験を活かしています。

関口 彰

教授
関口 彰(せきぐち あきら)

専門分野
デザイン、人間工学、感性工学
研究テーマ
1)感性工学
ラフ集合を用いた商品嗜好構造の分析とそのデザインへの応用手法の研究
2)創造性開発法、ビジュアルプレゼンテーション
主な担当予定科目
キャリア体験

理論と実践のバランスをコーディネートする。

製造メーカーでデザイン部門を立ち上げた経験を通して、感性を数値で示す研究を進めています。

高山 昇

教授
高山 昇(たかやま のぼる)

専門分野
芸術学、ドラマ教育、コミュニケーション学
研究テーマ
1)コミュニケーション教育におけるドラマ(演劇的)手法の活用
2)コミュニケーション能力育成のための理論構築とトレーニング・プログラムの開発
3)対人コミュニケーションにおけるノンバーバルの役割
主な担当予定科目
日本語基礎演習I・II

人と関わる仕事に就くために

中学、高校の国語科教員を長く勤め、1987年から表現教育に演劇的手法を取り入れてきました。授業では、自己表現の理論を理解することと、実際に表現してみることを大切にしています。現在は、教育、医療、福祉関係を志望している学生にコミュニケーション・トレーニングを実施し、トレーニング・プログラム構築の研究をしています。

田中 秀樹

教授
田中 秀樹(たなか ひでき)

専門分野
睡眠学、 長寿科学、 学校健康心理、 脳科学
研究テーマ
1) 睡眠環境の生理的、 定量的評価
2) 児童生徒のスリープ・マネージメント、 睡眠と記憶・ストレス耐性
3) 睡眠改善からの認知症・介護予防、 生活支援 住民健診や健康教室・生活習慣病予防教室の支援
主な担当予定科目
専門職連携基礎演習(特)、睡眠改善学
スポットライト
「睡眠改善学のスペシャリストとして広く社会に貢献」

こころと身体の関係は? 地域での睡眠教育も展開。

睡眠改善研究に重点をおき、睡眠を切り口にした鬱、認知症予防などの地域活動や睡眠改善インストラクター、睡眠健康指導士の養成に従事。地域や学校で睡眠改善技術を指導し、睡眠健康教室や学校での睡眠授業を展開しています。

中嶋 みどり

講師
中嶋 みどり(なかじま みどり)

専門分野
臨床心理学、発達心理学
研究テーマ
1) 児童虐待の認知に関連する心理学的研究
2) ヒロシマ原爆被害者の人生を支えた心理的要因
3) 親教育プログラムが母親の精神衛生に及ぼす効果
主な担当予定科目
心理療法論、乳幼児心理学
スポットライト
「カンボジアで心理療法を体験」

実習体験を通じて、学生の視野と興味を広げます。

授業での実習体験が、どうすれば身につくか、本人の興味が湧くか、視野が広がるかを考えながら、教育しています。子どもの心の問題に遊びを用いて関わる遊戯療法と子どもの発達が主な専門領域です。

西村 太志

講師
西村 太志(にしむら たかし)

専門分野
社会心理学、対人心理学
研究テーマ
1) 「育児を介した対人ネットワークの構築」に関する社会心理学的研究
2) 自己評価過程と対人選択の関連性の検討。特に、低自尊心者の対人選択の過程について
3) 社会的スキルおよび対人関係能力向上のための社会心理学的ゲーム技法 (説得納得ゲーム) に関する研究
主な担当予定科目
社会心理学、心理グループワーク演習
スポットライト
「社会心理学で安心した子育て環境を実現する」

「人と人とのつながり」をよりよいものにするためには?理論と実践から学ぶ。

人と人との関係を扱う社会心理学を専門にしています。 特に関心があるのは、他者との「つながり」の構築における心理的影響についてです。そのために、説得納得ゲームなどの対人相互作用のゲーミングを用いた研究や、子育て現場での人々のつながりに焦点をおいた研究を行い、授業や演習ともリンクさせています。

久次 弘子

教授
久次 弘子(ひさつぐ ひろこ)

専門分野
パフォーマンス学、 コミュニケーション学、 演劇学
研究テーマ
1)ラジオ放送におけるコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力、インタビュー能力、段取り力養成の試み
2)異世代コミュニケーションにおける表現力の育成および他者分析力の研究
3)中学生・高校生との連携授業「ディベート授業」における大学生のプレゼンテーション能力の育成
主な担当予定科目
メディアコミュニケーション実習、ビジネス演習

自己表現法を主とした演習・実習で学生を教育する。

テレビ局のアナウンサーや司会業を経験する中で、言語、非言語両面からの自己表現法「パフォーマンス学」を研究しています。

菱村 豊

准教授
菱村 豊(ひしむら ゆたか)

専門分野
認知学習心理学
研究テーマ
1) ストレスによる体温変化
2) 匂いや超音波による情報伝達
3) 記憶と学習の進化
主な担当予定科目
動物心理学、心理学実習Ⅰ、心理学実習Ⅱ

ヒトと動物のコミュニケーションにさまざまな方法でアプローチ。

人間や動物が仲間から送られた情報をどのように利用するのかということについて研究しています。 この大学で学生と接する中で、ヒトが持つ心理学的課題についても、大切に考えていく必要があると考えています。

森本 修充

教授
森本 修充(もりもと のぶみつ)

専門分野
精神医学、リエゾン精神医学、思春期・青年期精神医学
研究テーマ
1) 身体疾患を患った患者の精神保健 (その不安、 抑うつ、 絶望感、 など) に与える要因の統計学的解析
2) 思春期・青年期の自尊感情の育成に関する臨床的介入
主な担当予定科目
精神医学、心理学実践実習(医療・健康・福祉)

臨床での豊富な経験と研究活動を教育に活かす。

病院の精神科で長く臨床に携わりながら、九州大学病院では、講師として糖尿病、せん妄、慢性関節リューマチ、膠原病(SLE)患者の精神的問題に与える要因の研究、国立循環器病センターでは心臓移植待機病棟におけるリエゾン活動を行ってきました。

森本 浩志

助教
森本 浩志(もりもと ひろし)

専門分野
臨床心理学、健康心理学
研究テーマ
1) 社会文化的文脈と心理的ストレス過程
2) 勤労者の職場不適応
3) 認知症の家族介護者のストレス
主な担当予定科目
ストレスマネジメント演習、社会心理調査法実習Ⅰ

認知行動療法に基づいた心理臨床的支援を研究。

本学に就任するまでは、臨床現場で、認知行動療法を用いた心理臨床的支援を行ってきました。現在は教育・研究の傍ら、本学の心理臨床センターでカウンセリング、精神科病院で集団認知行動療法を行っています。

実践臨床心理学専攻教員

東 斉彰

教授
東 斉彰(あずま なりあき)

専門分野
臨床心理学、認知行動療法、統合・折衷的心理療法
研究テーマ
1)認知行動療法の実践と研究
2)統合・折衷的心理療法の実践と研究
3)哲学的・文化論的観点からの心理療法の比較研究
主な担当予定科目
医療心理学

実践してきた心理療法の経験を活かして、臨床心理士を養成。

精神科クリニックの附属機関や大学病院などで、さまざまなクライエントに、多くの心理療法を実践してきました。その経験を活かし、臨床心理士を養成しています。

今村 裕

准教授
今村 裕(いまむら ゆたか)

専門分野
学校教育相談、 学校カウンセリング
研究テーマ
1)学校不適応児童生徒への心理的援助(保護者、教師支援を含む)
2)小・中一貫教育に関する研究
3)臨床心理士養成における中学校実習の実践的研究
主な担当予定科目
心理学の現場(教育・発達)

小学校教諭時代の出会いから、臨床心理学の道を志す。

不登校児との出会いから臨床心理学の道に入り、「福岡市子ども総合相談センター」の立ち上げ、相談業務を経て、臨床心理士を養成しています。

岡野 泰子

准教授
岡野 泰子(おかの やすこ)

専門分野
精神科医療・学生相談・ロールシャッハ・精神分析的心理療法
研究テーマ
1)精神分析的心理療法の治療有効性(主に対象関係論)について
2)心理アセスメント(主に思考と知覚の表れ)について
3)多職種間連携について
主な担当予定科目
臨床心理学と倫理

クリニックでの経験を活かして臨床心理士を養成。

発達障害等の心理アセスメントや、専門職連携にも興味関心を持ちつつ、学生への指導をしています。

小畠 啓子

准教授
小畠 啓子(こばたけ けいこ)

専門分野
臨床心理学、児童臨床
研究テーマ
1)発達障害について 発達障害児の長期的な予後と、その関連要因の検討
2)虐待に関する研究 被虐待児への心理的支援と、効果的な家族支援方法について
主な担当予定科目
心理学の現場(医療・健康・福祉)

福祉の領域で臨床心理が担うことを、現場の視点から伝えたい。

児童や福祉臨床の現場を中心に、心理療法やアセスメント、療育支援を行い、またひきこもりやその家族教室や自殺うつ対策にも関わってきました。

田形 修一

教授
田形 修一(たがた しゅういち)

専門分野
心理アセスメント、心理療法、ロールシャッハ法
研究テーマ
1)グラフィック・ロールシャッハ法に関する研究
2)心理臨床家の訓練と養成に関する研究
主な担当予定科目
臨床心理学基礎実習

心理臨床の実践と臨床心理士の養成に携わる。

精神科病院、大学附属の臨床心理相談室などで臨床心理士として、児童・思春期・青年期を対象とした心理臨床の実践に携わってきました。

:田中 秀紀

助教
田中 秀紀(たなか ひでのり)

専門分野
遊戯療法・箱庭療法・心理療法
研究テーマ
1)心理療法における言語活動についての研究
2)心理療法における象徴化についての研究
主な担当予定科目
心理学概論Ⅱ(応用心理系)、人格心理学

心理臨床の不思議を探求する。

子どもと大人の心理療法に関わる中で、心理療法で言葉がどのように生まれるのかを考えながら、研究しています。

:寺沢 英理子

教授
寺沢 英理子(てらさわ えりこ)

専門分野
心理療法、表現芸術療法、訪問カウンセリング
研究テーマ
1)心理療法における言語表現および非言語表現の橋渡し機能の研究
2)描画技法の開発と臨床素材を通したその効果の研究
3)訪問カウンセリングにおける治療構造の研究
主な担当予定科目
医療心理学・専門職連携基礎演習Ⅱ

心理臨床の不思議を探求する。

こころの不思議に魅せられたことはありませんか。自分のこころでも分からないことがたくさんです。自分自身を知る、他者を知るということの楽しさを感じながら心理学の学びを深めていきましょう。

渡辺 克徳

講師
渡辺 克徳(わたなべ かつのり)

専門分野
臨床心理学、異常心理学、心理療法・認知行動療法、心理アセスメント
研究テーマ
1)心理療法に関する研究 効果的な心理療法にメタ認知がどのように関連しているのか
2)認知行動療法に関する研究 特に難治性疾患患者への認知行動療法の応用
3)主観的幸福感に関する研究 主観的幸福感は、患者の予後を予測するのか
個別性の問題についてなど
主な担当予定科目
認知行動療法

心理アセスメントの重要性を伝える教育。

臨床現場で、難治性の患者にも対応できる心理療法の共通性について関心をもち、心理アセスメントの重要性を学生と共に学びたいと考えています。

共通教育担当教員

国際系科目担当教員

教授 浅沼 潤(あさぬま じゅん)

専門分野
国際関係論
主な担当予定科目
国際社会の理解、英語IIa、英語Iib

自然科学系科目担当教員

助教 糸川 裕子(いとかわ ゆうこ)

専門分野
グラフ理論、発見科学
主な担当予定科目
情報処理Ia、情報処理Ib、情報処理III、情報処理IV、情報処理V、基礎ゼミ、人間と科学・技術(グラフと集合)

准教授 大西 厳(おおにし げん)

専門分野
心理・知覚・感覚情報処理、感性・知能情報工学
主な担当予定科目
情報処理Ia、情報処理Ib、情報倫理、心理学実習I、基礎ゼミ

准教授 寺内 睦博(てらうち むつひろ)

専門分野
情報科学、人工知能
主な担当予定科目
情報処理Ia、情報処理Ib、情報処理II、情報処理III、人間と科学・技術I、基礎ゼミナール

講師 宮崎 龍二(みやざき りゅうじ)

専門分野
デジタル形状処理、計算幾何学、画像処理
主な担当予定科目
情報処理Ia、情報処理Ib、情報処理II、情報処理IV、情報処理VI、人間と科学・技術III、基礎ゼミナール

人文科学系科目担当教員

准教授 甲田 純生(こうだ すみお)

専門分野
西洋哲学
主な担当予定科目
哲学、倫理学、基礎ゼミ

講師 正司 強(しょうじ つよし)

専門分野
造形芸術(彫刻)
主な担当予定科目
色彩心理学、基礎ゼミナール、人間と思想・文化II、芸術学、造形芸術論、美学、アート&クラフト、メディアアート・同演習、造形基礎実習、色彩心理学演習

准教授 鶴田 一郎(つるた いちろう)

専門分野
カウンセリング心理学、臨床心理学、障害児者支援
主な担当予定科目
心理学、人間性の心理学、人間と思想・文化II、人間と思想・文化III、現代社会の変貌と教育問題、カウンセリング、カウンセリング理論と技法、臨床心理学、児童環境論、教育相談

准教授 原田 雅嗣(はらだ まさし)

専門分野
美術、音楽、即興演奏、芸術学
主な担当予定科目
芸術学、人間の思想文化II、日本事情II

社会科学系科目担当教員

准教授 橋本 学(はしもと まなぶ)

専門分野
中国・近現代史、中国近代教育史、大学史、高等教育論、近代日中関係史、アジア地域研究、国際社会論
主な担当予定科目
歴史学、人間文化の社会III(現代社会の変貌と教育問題)、平和教育、国際社会の理解II(アジア地域研究)、国際社会の理解III(国際協力と地域開発)、中国語a、中国語b、基礎ゼミナール

准教授 村上 智章(むらかみ ともあき)

専門分野
政治学、政治思想史
主な担当予定科目
政治学、人間と現代社会I、文化人類学、国際社会の理解III

外国語系科目担当教員

講師 遠藤 利昌(えんどう としまさ)

専門分野
イギリス文学
主な担当予定科目
英語I、英語IIなどの英語科目