学部トピックス

Topics

リハビリテーション支援学科 義肢装具学専攻

2016.9.26

義肢装具学専攻学生対象の合同就職説明会を初開催 ~関東から九州まで21社が参加~

来年3月、義肢装具学専攻の1期生が卒業を迎えます。
そこで9月3日、同専攻の学生を対象にした
初めての学内合同就職説明会を開催しました。

会場となった東広島キャンパスには、地元企業に加え、
関東や関西、四国、九州と、幅広いエリアから21社の参加がありました。

始めに、各企業から自社のモットーや設備環境、
社員教育体制などについて、プレゼンテーションがありました。
その後、各社で働く義肢装具士から、
現場で求められる能力や姿勢などについて話があり、
「技術はもちろん、ユーザーのニーズを的確に把握する
コミュニケーション力が必要」
「リハビリ機器は日進月歩。
常に研究心や向上心を持って仕事に取り組む姿勢が求められる」
など、業界で働くプロフェッショナルの言葉に、
学生は真剣な表情で耳を傾けていました。

説明会終了後には、企業担当者向けに学内の施設・設備見学を実施。
同専攻の学生がどのような環境で学んでいるかを
知ってもらうよい機会となりました。

参加した学生からは、
「各社、注力しているところが異なり、複数の企業を
一度に比較できてよかった」
「『いつでも見学に来て』など、とても気さくに接してくださり、
今後の就職活動の励みになった」
「県外出身の自分にとって、地元にある企業の話を
聞ける貴重な機会になった」
などの声が聞かれ、企業・学生双方にとって
有意義な時間となったようです。

企業によって強みはさまざま

学内の実習施設を見学する企業担当者

広報室

※この記事は、ブログ「とれたてヒロコク便」に掲載しております。
その他の記事はこちら>>

PAGE TOP