リハビリテーション学科

理学療法学専攻

教員紹介


小澤 淳也(おざわ じゅんや)  教授
学位・資格 保健学博士、理学療法士
専門分野 基礎理学療法学、 組織学
キーワード 関節、メカニカルストレス
研究テーマ 1) 関節拘縮形成機序の解明
2) メカニカルストレスと関節恒常性の関係
研究紹介 研究実績一覧

自己紹介

理学療法士の小澤淳也です。大学の教員になり7年目に突入しました。基礎との臨床との懸け橋となるような研究をめざし、最近では運動器疾患に関連した基礎研究を行っています。相変わらず授業には苦労していますが、理学療法士を目指す学生に授業で伝えたいことは、毎年増えてゆくような気がします。

教育方針

楽天性を育てること
自立性を育てること
自分の物差しを持てるようになること

担当授業

地域理学療法学

医療システムの変化に伴い、理学療法士の活動は多方面に広がっています。この講義では、地域リハビリテーションの基本的理念・歴史を紹介したうえで、現在の介護保険が導入された社会的背景について話をします。さらに、リハビリテーションや理念・技術・プログラムを理解する上での基本的概念であり“ルールブック”であるICFや、地域理学療法の基盤となっている介護保険関連各種サービスと理学療法士の役割や、その実際についても講義します。

物理療法学

物理療法は運動療法や日常生活動作練習と並び、理学療法の基本的治療のベースとなる手段の一つです。理学療法として使用される様々な物理療法機器について、それぞれの生理学的作用、効果、適応、禁忌を理解し、患者の症状・疾患にあわせた物理療法機器の選択、提供ができることを目標とします。

物理療法学実習

学生に各種物理療法機器に触れてもらい、その操作手順・方法を理解し、安全に実施できることを目標とします。また、対象者として実際に治療を体験することで、その生理学的、心理学的作用を感覚的に理解してもらいます。さらに、関節拘縮、筋力低下、組織損傷と修復、疼痛とその抑制といった、理学療法の対象となる様々な病態に関する基礎的情報についてグループで調べ、プレゼンテーションを行ってもらいます。

その他の担当科目

チュートリアル
地域理学療法実習
理学療法学演習
チュートリアル
理学療法演習

チュートリアル紹介

チュートリアルでは、学生が興味のある出来事や時事問題について、学生同士でディスカッションを行っています。そうすることで、どうすれば自身の意見にうまく伝わるか、説得力を持たせることが出来るか、また他者の意見に耳を傾けることで多様な考えがあることを知ることを目的としています。その他、交流を深める目的で、研究室での食事会を毎年開催しています。

ゼミ紹介

これまで小澤ゼミでは、卒業研究として物理療法機器を用いた廃用性筋萎縮、関節可動域制限など、理学療法士にとっての身近な疑問をテーマとして、動物を使った基礎研究を行ってきました。近年では、関節炎発症後に生じる関節可動域制限のメカニズムの解明や、走行運動や筋力低下と関節軟骨代謝との関連に着目した研究を行っています。

大学院・研究室紹介

研究手法は組織学がメインとなりますが、光学顕微鏡レベルの組織学に必要な機器は概ね揃っています。理学療法の基礎研究の実験でよく使用される小動物トレッドミルや電気刺激装置のほか、全身振動刺激装置も設置されています。さらに山岡研究室の協力のもと筋張力測定や遺伝子発現、木藤研究室の協力のもとラットの三次元動作解析も行ってきました。現在の研究テーマは、「廃用骨格筋に対する全身振動トレーニングの効果」「関節炎が引き起こす関節可動域制限の原因の解明」「下肢筋力低下が膝関節軟骨代謝に及ぼす影響」です。主なテーマは運動器ですが、それ以外でも基礎研究に興味のある人材を広く求めています。

経歴

学歴

1997年 広島大学大学院医学部保健学科理学療法学専攻卒業 理学療法士(第27860号)
2000年 広島大学大学院医学系研究科基礎理学療法学専攻 博士課程前期 修了 修士
2003年 広島大学大学院医学系研究科基礎理学療法学専攻 博士課程後期 修了 博士(保健学)

職歴

2003年 医療法人健真会 山本整形外科病院 リハビリテーション科 理学療法士
2006年 広島国際大学保健医療学部理学療法学科 講師
2012年 広島国際大学保健医療学部総合リハビリテーション学科准教授 (現在に至る)

受賞歴

2003年 14th International WCPT Congressにて、アジア・西大西洋地区top scoreing abstractを獲得
2011年 広島県理学療法士学会にて学会優秀賞受賞

業績

2012年

  • Moriyama H, Kanemura N, Brouns I, Pintelon I, Adriaensen D, Timmermans JP, Ozawa J, Kito N, Gomi T, Deie M. Effects of aging and exercise training on the histological and mechanical properties of articular structures in knee joints of male rat. Biogerontology. 13(4):369-81, 2012
  • Tanaka R, Umehara T, Yamasaki T, Enami A, Ozawa J, Kito N. Exercise intervention to improve the bone mineral density and bone metabolic markers as risk factor for fracture in Japanese subjects with osteoporosis: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. J Phys ther Sci. 2012 (in press)
  • 小澤 淳也. 変形膝関節症と疼痛. 埼玉県理学療法士講習会, 埼玉.
  • 小澤 淳也,金口 瑛典,田中 亮,木藤 伸宏,森山 英樹. Botulinum toxin投与による足関節底屈筋力低下が関節軟骨代謝に及ぼす影響. 第47回日本理学療法学術大会,神戸,2012.
  • 金口 瑛典,小澤淳也,山岡薫. ラット後肢懸垂中の間歇的荷重及び全身振動運動による廃用抑制効果—筋収縮張力低下と歩行能力低下に着目して—. 第47回日本理学療法学術大会,神戸,2012.
  • 木藤 伸宏,金村 尚彦,小澤 淳也,徳森 公彦,岡西 奈津子,山﨑 貴博,田中 亮,阿南 雅也. 運動器疾患における理学療法診療ガイドラインからみた最新知見と課題~変形性膝関節症~第47回日本理学療法学術大会,神戸,2012.
  • 森山 英樹,阿閉 瞳,高橋 由妃,渡邉 良平,島田 昇,折田 直哉,金村 尚彦,小澤 淳也,木藤 伸宏,出家 正隆. 脊髄損傷後の関節軟骨におけるストレッチの影響 ─ラットモデルによる実験的検討─第47回日本理学療法学術大会,神戸,2012.
  • 田中 亮,小澤 淳也,木藤 伸宏,森山 英樹. 変形性膝関節症を伴う疼痛に対する運動介入の短期的効果は非荷重位筋力増強運動が最も高い. 第47回日本理学療法学術大会,神戸,2012

2011年

  • 森山 英樹,増子 潤,金村 尚彦,木藤 伸宏,小澤 淳也,今北 英高, 高柳 清美,伊藤 俊一,磯崎 弘司,出家 正隆.運動器疾患に対するストレッチングの効果 : システマティックレビューとメタアナリシスによる検討.理学療法学 38(1), 1-9, 2011
  • 小澤 淳也. 変形膝関節症と疼痛について. 社団法人 日本理学療法士協会 理学療法士講習会 基本編, 広島, 2011
  • Ozawa J, Kaneguchi A., Kurose T, Kawamata S, Moriyama H, Kito N, Yamaoka K. Fibrotic process of rat skeletal muscle following an experimentally induced denervation. 16th International World confederation for Physical therapy (WCPT) Congress, 2011, Amsterdam, Holland
  • Kito N, Yamazaki T, Anan M, Okanishi N, Moriyama H, Ozawa J, Kanemura N. Contribution of knee adduction moment impulse to pain and disability in japanese women with medial knee osteoarthritis. 16th International WCPT Congress, 2011, Amsterdam, Holland.
  • Tanaka R, Ozawa J, Kito N. Land-based exercises duration or frequency does not influence effectiveness Of reducing pain in osteoarthritis of the knee : A meta-analysis. 16th International WCPT Congress, 2011, Amsterdam, Holland.
  • Moriyama H, Otsuka C, Marumo T, Kanemura N, Ozawa J, Kito N, Imagita H, Deie M. Experimental joint Contracture correction with static and cyclic stretching for contracture formation after spinal cord injury in rats. 16th International WCPT Congress, 2011, Amsterdam, Holland.
  • Kaneguchi A, Ozawa J, Kurose T, Kawamata S, Moriyama H, Kito N, Saka Y, Yamaoka K. Preventive effects of intermittent whole-body vibration on muscle atrophy and capillary density reduction in unloaded rat skeletal muscle. 16th International WCPT Congress, 2011, Amsterdam, Holland.
  • 小澤 淳也,木藤 伸宏,森山 英樹,田中 亮. ラット足関節筋力低下がトレッドミル走行後の軟骨代謝に及ぼす影響.広島県理学療法士学会.広島, 2011
  • 金口 瑛典,小澤淳也,山岡薫,野々村陽子,大和泰子. 間歇的荷重及び全身振動運動がラット骨格筋の筋萎縮と毛細血管数減少に及ぼす影響

2010年

  • 小澤 淳也,木藤 伸宏,森山 英樹,金村 尚彦,田中 亮. 変形性膝関節症の運動療法に関するシステマティックレビュー. 理学療法学 37(8), 589-594 (2010)
  • Kito N, Shinkoda K, Yamasaki T, Kanemura N, Anan M, Okanishi N, Ozawa J, Moriyama H. Contribution of knee adduction moment impulse to pain and disability in Japanese women with medial knee osteoarthritis. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2010 25(9):914-9. Epub 2010 Jul 21
  • 森山 英樹,伊藤 俊一,金村 尚彦,小澤 淳也,高栁 清美,出家 正隆. 健康寿命の延伸と骨・関節に対する理学療法. 理学療法 27: 527-33, 2010.
  • 田中 亮,梶村 政司,井出 善広,吉田 俊之,大原 寿,小澤 淳也,戸梶 亜紀彦.運動療法実践者の顧客満足と運動に対する動機づけとの関連性の検討 : 理学療法士が介入している多施設間の横断研究. 理学療法学 37(2), 108-109, 2010.
  • 小澤 淳也. 変形性膝関節症の運動療法に関するシステマティックレビュー. 第45回日本理学療法学術大会, 岐阜, 2010.
  • 小澤 淳也,黒瀬 智之,川真田 聖一,木藤 伸宏,森山 英樹,山岡 薫. ラット脱神経筋における線維化とTGF-β1発現の変化. 第45回日本理学療法学術大会, 岐阜, 2010.

2009年

  • 木藤 伸宏、山崎 貴博、岡西 奈津子、阿南 雅也、小澤 淳也、金村 尚彦、新小田 幸一:変形性膝関節症の理学療法における運動制御・学習理論の応用 理学療法 26 (7), 2009
  • Ozawa J, Kurose T, Kawamata S, Yamaoka K: Morphological changes in hindlimb muscles elicited by adjuvant-induced arthritis of the rat knee. Scand J Med Sci Sports 2010 20(1): e72-9. Epub Jun 23
  • Ozawa J, Kurose T, Kawamata S, Yamaoka K, Kito N, Moriyama H. Morphological Changes in Hindlimb Muscles evoked by Adjuvant-induced Arthritis of the Rat Knee. 5th ISPRM, Istanbul, Turkey, 2009
  • Moriyama H, Kanemura N, Nishihara K, Takayanagi K, Gomi T, Hayashi H, Ozawa J, Tobimatsu Y. Effects of aging and exercise training on the mechanical properties of articular structures in rat knee joints. 5th ISPRM, Istanbul, Turkey, 2009

2008年

  • Ozawa J, Kurose T, Kawamata S, Yamaoka K. Relative gene expression of the Nav1.4 and Nav1.5 sodium channels in rat denervated muscles. The 10th International Congress of Asian Confederation for physical therapy, Chiba, Japan. 2008
  • 小澤 淳也,川真田 聖一,黒瀬 智之,橋本 将和,山岡 薫. ラット脱神経筋における電位依存性ナトリウムチャネル遺伝子発現の変化第43回日本理学療法学術大会, 福岡, 2008
  • 黒瀬 智之,橋本 将和,小澤 淳也,川真田 聖一.褥瘡発生に関与する遺伝子の実験モデルによる解析. 第43回日本理学療法学術大会, 福岡, 2008
PAGE TOP