1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 大学見学

在学生の方へ

保健室

皆さんがより充実した大学生活を送る上で、「健康の維持」が大切なことはいうまでもありません。しかし、現実には若さにまかせて不規則な生活をしてしまったり、食事や運動、睡眠のバランスをくずして健康を損なうことも少なくありません。今までの自分の体のこと(アレルギーや既往症等)を家族からよく聞いておくと同時に、健康の自己管理をきちんとしていくことも大切です。保健室では健康診断を行う他、学内でのケガや急病、体調不良等の応急処置をしています。また、病気や体についての相談、健康に関する情報、身体測定・体脂肪・筋肉量・骨量・血圧・血管年齢測定、アルコールパッチテストなど自己チェックできますので、遠慮なく活用してください。

定期健康診断

学校保健安全法に基づき、毎年4月に実施しますので、必ず受診しください。また、現在治療中の病気や大学生活を送る上で特に配慮の必要な方は申し出てください。なお、受診していない学生については、健康診断証明書を発行できませんので注意してください。

 

健康相談

医師による相談
キャンパス名場所時間
東広島キャンパス 1号館2階 毎週月曜日13:00~15:00
呉キャンパス 3号館1階 毎週火曜日15:00~17:00
広島キャンパス 1階 毎週木曜日15:00~17:00

※日時を調整しますので、保健室職員までご相談ください。

健康診断証明書の発行

4月の定期健康診断の結果をもとに発行します。健康診断を受けていない方は発行できません。

一人暮らしの方へ

遠隔地被保険者証の所持について
学生寮(学生研修棟)・マンション・アパート等に入居して、1人暮らしをする学生は、急病やケガに備えて「遠隔地被保険者証」を必ず所持してください。 遠隔地被保険者証の交付を受けるには在学証明書(教務課・呉教務課または医療経営学部事務室で発行)を保険組合に提出し手続きを行ってください。入学後早い時期に作成することをお勧めします。
現在治療中や経過観察中の病気のある人
環境が変わり、病気が悪化することもあります。薬は必ず持参し、必要があれば携帯するようにしましょう。 また、入学によって病院を転院する時は、主治医の紹介状を添えて受診しましょう。
常備薬について
夜間や緊急時の体調不良の時のため、風邪薬、解熱剤、鎮痛剤、胃薬、消毒薬、体温計、湿布、ガーゼ、等常備薬として揃えておくと安心です。

リンク集

広島県内の病院や救急当番医を知ることができます。

最終更新日:2015年6月1日