教育×人 -リレー・エッセイ48-

ph_vol03

sp_vol03

学問を極めたくなる気概のある学生を
輩出することが目標。

准教授 竹田 修三

博士(薬学)、薬剤師

専門分野:衛生化学、分子毒性学

医師は限られた患者しか治せませんが、薬には何人ものヒト(患者さん)を救える「力」があります。大学には、学生にとって、無駄な教科はありません。食わず嫌いをしないことです。医療人(薬剤師)になることを目指す者は、強い使命感を持って勉強をしなければなりません。

また、ゼミ生には、とにもかくにも「卒業研究」の大切さを説いています。知識を覚えるだけの丸暗記はその場しのぎであり、応用が全く利きません。「卒業研究」には、問題解決能力の大切さが強く要求され、現実社会のニーズに即していると考えています。個々に与えられた卒研テーマという難題に挑戦するために、どのようにアプローチし、そのためにはどういう手技が必要なのか、さらには正しい(役に立つ)情報を入手するためにはどうしたら良いのかを学生と一緒に考えるようにしています。限られた時間の中で効率的に作業を進める術が身につき、さらにはほかの仲間との交流も増え、グループ力も強化しているように感じます。このことで、次第に時間管理が(上手に)できるようになってきており、卒業研究の一連の過程で身についた「力」は国試合格という別の課題にも十分対応できると考えます。

教育を裏打ちする原動力は研究。大学は研究所ではありませんので、教育・研究の両輪のバランスが大切と考えます(理想論的なところもありますが)。薬剤師の資格だけが取れれば良いというのではなく、勉強が面白い、学問を極めたくなる気概のある学生を輩出することが目標です。このことで、ライセンス取得後も継続して勉強に励むものと信じております。教員が「イキイキ」している姿を学生に見せることが大切と考えております。

ページのトップへ戻る