教育×人 -リレー・エッセイ48-

ph_vol04

sp_vol04

勉強と遊びのバランスが大事です。

助教 田中 佑典

博士(薬学)、薬剤師

専門分野:薬剤学、製剤学

私が教えている科目は主に「薬物動態学」や「生物薬剤学」です。これは、薬を人に投与した後に体の中でその薬がどのような動きをするのかを数式を使って解析し、また、そのような動きをする原因を理解する学問です。従って、私の場合、この科目を教える前に、数学(主に指数と対数)の復習を行います。また、学生さんに薬の体の中での動きをイメージできるようにしてもらうため、出来るだけ図を使って説明するようにしています。そして、授業を進めていく所々で、問題を解いてもらい理解を深めてもらうようにしています。また、授業中に理解できない所があった場合、授業以外の時間でフォローするようにしています。私の場合、比較的年齢が若い?ということもあって、学生さんがよく質問や世間話をしに来てくれたりします。私としても、学生さんが気軽に話かけることが出来るような雰囲気作りを大切にしていますから、よい関係にあるといえます。

薬学部で過ごす6年間は、勉強しなければならないことはたくさんあります。ただ、授業中に分からなかったところを分からないままにせず、定期的に復習をしていれば、薬剤師国家試験に合格することはそんなに難しくありません。しかし、勉強だけでは大学生活は面白くないため、何か楽しみを見つけてほしいと思っています。勉強と遊びのバランスが大事です。

ページのトップへ戻る