教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms17

relayessay_cms_sp17

薬剤師という職業には、
意外な一面、奥の深さ、楽しみがあります。

助教 清水 良

博士(薬学)、薬剤師

専門分野:衛生薬学

学生目線に立ち、互いが信頼できてこそ、教育。

この分野では学生は何もわからない人達、だから学校に教えを請いに来ている、という考えで教育に携わっています。教員は学問を教授する立場であると同時に、その分野における先輩でもあり、学生という後輩を育成する立場でもあると考えています。あらゆることに対して、自分が学生の立場であった時はどのように思っていたのか・・・学生目線に立ちながら、時には教員としての視点から、またある時には先輩としての視点からの指導を心掛けています。それを通して、お互いが信頼し合える関係を築くことを大切にしています。特に、自分が学生時代に経験したことと同じような場面に出合った時は、自分の経験談などを交えることも大切だと思います。学生が辛い思いをしている時であれば尚更でしょう。

共に考え、技術や操作の意味を伝える。

学生に研究のための実験手技一つ教える時も、初めて学ぶことは一度自分でやって見せた上で、実践させることを心掛けています。その際も、我々には当然の様に思えることも共に考え、単なる技術の伝授に留まらず、操作の意味を必ず教えます。その後は付きっきりで実践させつつ、個々の能力を見極めながら徐々に自立を促して自分自身で実践させます。完全に任せきりにするのではなく、ある程度の距離を置きながら見守り、必要に応じて助言などを与えます。自立できたときには、褒めることも忘れません。

薬学部進学は、スタート地点。

薬剤師になることがゴールだと思っていませんか?確かに薬学部を卒業して薬剤師になることは、大学生活のゴール地点であるかもしれませんが、同時に薬剤師として活躍するためのスタート地点に立っただけに過ぎません。是非とも薬学部を志したその時から、薬剤師になれば何ができるのか?薬剤師になって何をしたいのか?理想の薬剤師になるためには何をすべきなのか?を考えておいて欲しいと思います。薬剤師という職業の意外な一面、奥の深さ、楽しみが見えてくると同時に、大学でのモチベーションも上がり、より充実した学生生活を送ることができるでしょう。

ページのトップへ戻る