教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms42

sp_vol42_2

薬剤師は、やりがいのある仕事。
伝えたい思いです。

助教 覺前 美希

学士、薬剤師

専門分野:医療薬学

5年次の病院、薬局実習を行う前に、学内であらかじめ調剤、服薬指導などの基本的な薬剤師業務を習得するための4年次の実務事前実習を担当しています。病院で勤務していた経験がありますので、教科書に記載してあることを伝えるだけではなく、現場ならではの情報を含めながら説得力のある指導を心がけています。臨床現場においては、患者さんはもちろん、医師、看護師といった他職種と関わる場面が多くありました。相談しやすい雰囲気、質問しやすい雰囲気を作ることはすごく大切であり、この薬剤師に相談してみよう、質問してみようと思える信頼関係の構築が大切であることを実感しました。このことは大学の教育現場においても同じ。質問しにくい環境、相談しにくい環境を作ってしまうと、学生との距離が遠くなってしまい、何につまずいているのか気づいてあげられないことが多いように思います。また、学生と接するときには、その学生の良いところをみつけるようにしています。自分の良いところに気づいてないこともあるので、そこを気づかせてあげること、伸ばしてあげることは大事です。

私自身、薬剤師はやりがいのある仕事であることを痛感すると同時に、薬剤師になってよかったと感じました。学生にこの思いが少しでも伝わり、目標としてもらえれば嬉しいと感じます。就職先も、病院、薬局だけではなく複数の選択肢があります。6年間の大学生活は長く、しんどいことも多々あると思いますが、薬剤師になってから、頑張ってよかったと思える日が、必ず来ます。

ページのトップへ戻る