教育×人 -リレー・エッセイ48-

relayessay_cms44

sp_vol44

薬の専門家は、常に変化している現場で
100点満点を目指しています。

准教授 佐々木 順一

博士(薬学)、薬剤師

専門分野:医薬品情報学、調剤学、災害医療

医療の現場では、未知の課題に取り組まなければならないことが山ほどあります。また、これまで正しいと考えられていた医療行為が誤りだったり、誤りだと考えられていた医療行為が正しかったりということもあります。常に変化しているのです。そのため、医療・医薬品の世界で薬剤師として働いていくためには、継続して学習していく姿勢と考える力が重要になってきます。答えを記憶し、マークシート問題で良い成績を取ってもこれらの能力を養うことはできません。さらに、大学の試験は60点で合格ですが、医療現場では、常に100点満点を目指さなければなりません。そういった意味では、厳しいと感じることもあるかも知れません。私の授業では、記憶するのはあたりまえ、求めているのは患者さんの希望や医療現場の状況を加味して「考える」ことです。

大学は、学生自身が興味を持った分野について深く学んでいく場です。薬学のカリキュラムは膨大ですが、その中で自分が深く掘り下げたい内容をぜひ見つけてください。積極的に取り組んでいく学生に対しては、できる限りサポートしていきたいと思います。

ページのトップへ戻る