1. 受験生の方
  2. 在学生の方
  3. 卒業生の方
  4. 保護者の方
  5. 採用担当の方
  6. 教職員募集
資料請求 WebOpenCampus

大学紹介

広国IPEとは

高度化・専門化が進む健康・医療・福祉の現場では、サービスの利用者(患者さん)を中心にとらえた「チーム医療」が欠かせないものとなっています。この「チーム医療」では、共通の目標(より良いケア)を目指す「協働」が必要不可欠となっているため、「チーム医療」の即戦力となれる人材が求められています。
学力推進部門 教学企画運営部門2 共通教育検討部門 FD・SD部門

専門職連携(IPW)・専門職連携教育(IPE)とは

英語では、Interprofessional Work (IPW)といい、「健康、医療、福祉に関係する仕事に就く人たちが、そのサービスを利用する人のために、専門的な役割を担いながらも、共通の目標をもって協働する」ことです。「協働」とは異なる人やグループが1つの目標に向かって、力を合わせて活動することです。高度な専門知識と高いコミュニケーション能力を身につけることが必要です。

この「専門職連携(IPW)」について、しっかり学んでもうらおうというのが「専門職連携教育(IPE)」です。専門職連携教育はその「協働」ができるようになるための教育のことです。ちなみに専門職連携教育は英語ではInterprofessional Educationで、しばしばIPEと略されます。

専門職連携教育(IPE)の定義

健康・医療・福祉に関わる分野の様々な専門職の仕事について理解し、利用者に最適なサービスを提供するために、専門職が連携してチームとして活動することのメリットについて理解を深めることです。

 

専門職連携教育(IPE)でどのようなことを学ぶのか
広国IPEでは、専門職連携教育(IPE)の学びの内容を、大きく2つのフェーズに分けています。

第1フェーズ

(Step1・2)

「専門職連携基礎演習Ⅰ」

「専門職連携基礎演習Ⅱ」

健康、医療、福祉に関わる分野の専門職の仕事を理解し、これらの分野のサービスの利用者に対して専門職が連携するチームとはどのようなものかをコミュニケーションスキルや課題発見・解決スキルを身につけながら、他学科の学生と共に学修します。

第2フェーズ

(Step3・4)

「専門職連携総合演習Ⅰ」

「専門職連携総合演習Ⅱ」

複数の領域の専門職を目指す者が、連携およびケアの質を向上するために、医療・福祉サービスや患者のニーズなどについて同じ場所で共に学び、お互いから学び、議論しながら学修します。

 

詳しくは、「広国IPEの授業について」で紹介しています。

 
専門職連携教育(IPE)を学ぶ意義

専門職連携教育では、いろんな職種を目指す人とたくさんの意見交換をし、それぞれの視点からの考え方や専門用語の違いなどを学修します。さらに個人の専門能力を磨いて、コミュニケーション力、問題点把握・解決力、チーム統合力や、サービス利用者の心理や専門職同士の心理についての洞察力等も養うことができます。

この専門職連携能力を修得した学生は、健康、医療、福祉領域の職場だけでなく、一般企業においてもチームとして活動するための知識を生かした活動ができる様になります。

最終更新日:2019年4月1日