資料請求 Open Campus 大学見学

7月6日、豪雨の影響による東広島キャンパスの現状について

2018年7月6日 掲載

在学生・保護者の皆様へ
                                                         広島国際大学


     7月6日、豪雨の影響による東広島キャンパスの現状について


 昨日の豪雨の影響により、本学の東広島キャンパス内へ土砂の流れ込みなど、

影響がでております。このことにつきましては、現在、一刻も早い復旧に努めてお

ります。
 キャンパス内に設置する学生寮においては、土砂のため不自由な状況にある

ことは否めません。
 しかしながら、学生寮は電気・水道も通じており、寮生の生活インフラは正常に

保たれております。

 

  大学前の県道については、現在寸断され復旧作業中ですが、学生の最低限の

移動は可能な状況です。
 寮生および学内にいる学生の食事についても、非常食の配布など行い対応し

ております。
 また、学生の安全確認をしており、現在迄のところ怪我などの報告は受けてお

りません。

 

  皆様におかれましては、ご心配をお掛けし申し訳なく存じますが、現時点にお

いて、重大な問題が発生するようなことはございませんので、ご安心いただきたく

存じます。

 

 また、状況につきましては随時、大学ホームページでご案内させていただきます。

 

                                                                                             学長 焼廣益秀

 

 

 

 

MySQL: 0.1218 s, 95 request(s), PHP: 0.1104 s, total: 0.2322 s, document retrieved from database.