資料請求 入試情報

2021年度の授業ついて(学長メッセージ)

2021年1月21日掲載

 新型コロナウイルス感染症の収束がいまだに見通しが立たない中、新年を迎えました。今年度、本学は健康・医療・福祉分野の総合大学として、学生の皆さんならびに教育でのかかわりが欠かせない医療従事者の方々、高齢者や地域の方々の生命と健康、安全を守ることを最優先と考え、感染拡大防止に配慮する観点で、オンライン授業を積極的に取り入れて教育を継続して参りました。また、一部対面授業についても、同時に学生がキャンパスに密集しないよう、授業の開講時期や時間割、実施教室(場所)などの調整を行った上で、実施しているところです。このような慣れない学修環境の中、様々な制限を受けながら、学修に励んでくれている学生の皆さんに心から感謝申し上げるとともに、学生の皆さんがキャンパスで学び、学友や教職員と交流している姿を見るとうれしく思います。

 

 全国的に新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、2021年度の授業についても、今期の感染状況が続くことを想定して、学外実習を含め授業を計画しております。感染症対策を講じた上で、本学における「2021年度授業実施の基本方針」に基づき、従来の対面授業とオンライン授業の良さを生かしたハイブリッド型授業を積極的に取り入れるなど、対面授業とオンライン授業を併用して実施する予定です。一方、友人、教職員との人間関係など大学生活の基本を構築する必要がある1年次生は、対面での学修機会を確保するため、通学する日を増やす予定です。

 これからも感染リスクがさらに高まった場合は、学生の皆さん、教職員の健康を守るため、やむなく全面オンライン授業に移行する可能性もありますが、学生の皆さんの生命と健康を守りつつ、教職員が一丸となり教育を止めないことを最優先と考えておりますので、オンライン授業が受講できる環境整備に努めていただくなど、引き続き学生・保護者の皆様のご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

 新型コロナウイルス感染症に関する情報は、日々状況が変化していくため、それに応じて大学の対応も更新し、本学ホームページおよび学生ポータルサイト等でお伝えしますので、定期的にご確認をお願いします。 

 

広島国際大学

 学長 焼廣 益秀