常翔学園 広島国際大学

チャレンジプロジェクト
『広国PARK』プロジェクト

学生が毎週木曜日の19:00~FM東広島で、「広国PARK」というラジオ番組を制作・放送しています。

2013年の記事一覧

ラジオ番組『広国PARK』が東広島市の魅力を廿日市で発信!!

FM東広島(89.7MHz)で、広島国際大学が送るラジオ番組「広国PARK」。
心理科学部の学生がスタジオや取材など番組を制作し、
毎週木曜日19時から54分間お送りする生放送番組です。
学生がラジオ番組づくりに関わることで、
学生の地域に向けた情報を発信するコミュニケーション能力の向上を目指すとともに、
学生が自分たちが学ぶ地域への関心を持つ機会の提供、
そして東広島にある大学として地域への貢献を目指しています。

 

9月2日(月)、東広島市の魅力を市外に向けてPRするシティプロモーション事業の一環として、
広島県廿日市市のコミュニティFM、FMはつかいち(76.1MHz)の
「NoriNori MONDAYナイト」という番組にゲスト出演しました。
当日は、代表の平佐直輝、プロデューサーの平野絵梨、
出演者の遣分裕希、竹本幸恵、船石弘隆、写真撮影・補助の山根優史、
松尾理佳の計7名でFMはつかいちにお邪魔しました。

 


↑ 打ち合わせ風景

 

今回の放送では大きなトピックを3つ用意し、
それをテーマに「NoriNori MONDAYナイト」パーソナリティの平々亭青馬さん、
大田典子さんの進行の下、無事に1時間の放送を終えることができました。

 

 
↑ 生放送の様子

 

1つ目のトピックでは、藏田東広島市長のインタビューを聞き、
東広島の魅力・見所について、メンバー達が語りました。
話をしていくと、東広島と廿日市って、結構似ているんじゃない?と発見することがいくつもありました。

 

2つ目のトピックでは、毎年、秋に西条で行われる酒祭りについて話をしました。
毎年20万人もの来場者数を誇る我が東広島での酒祭り、
何年か前にはパーソナリティの青馬さんも訪れたことがあるとか。

 

3つ目のトピックでは、東広島市安芸津町出身の歌手、石川真帆さんについて紹介をしました。
インタビューの中で真帆さんは、安芸津産のじゃがいもが美味しいこともPRしてくれました。
番組のエンディングでは、真帆さんもお気に入りだという自身の曲、
「想い」も掛けさせてもらいました。

 

ここで、放送に関わった人たちの感想です。

 

プロデューサーを務めた平野絵梨は、
「プロデューサーとして、局の方と連絡を取り合うことで実感したのは、
この度の放送は、自分達の力だけでなく、局の方の手厚い支援があってこそ成功したということです。
皆様に感謝しつつ、これからの活動に今回の経験を活かせていけたらなと思います。」と話してくれました。

 

遣分裕希は、
「いつもとは違うスタジオでの放送だったので、全く違う緊張感がありました。
FMはつかいちの大田さん、青馬さんの助けでなんとか無事に終えることができて達成感で一杯です。
楽しかった反面、まだまだ修行が必要だと実感しました。
お聴き下さった方々、ファックス、メールを送って下さった方々、本当にありがとうございました!」
と話してくれました。

 

竹本幸恵は、
「FMはつかいちのみなさんはとてもアットホームで、打ち合わせもラジオ放送もとても楽しかったです。
事前告知のために何度か番組に出させていただいたのはとても刺激的でした。
本番では、いつものような台本もなく、
少しアドリブも必要になりいつも以上のダメっぷりを発揮してしまいましたが、
青馬さんや太田さんのフォローのお陰でなんとかなったのでないかと思います。
このような企画がこれからもっと増えれば嬉しいです。」
と話してくれました。

 

船石弘隆は、
「今回はNori Nori MONDAYナイトにゲスト出演させていただき、ありがとうございました!
いつもの東広島とは違う場所、
しかも自分にとっては地元となる廿日市での放送という事でいつも以上に緊張しました(笑)
事前告知として急遽生放送に参加させていただいたり、
忙しい中で何度も打ち合わせに付き合っていただいたりと最初から最後までお世話になりっぱなしでした。
FMはつかいちの皆様の協力のもと、東広島の魅力を廿日市市の方々にお伝え出来たと思います。
第2回、第3回と出張放送を続けていけるよう、これからも頑張っていきたいと思います!
ありがとうございました!」
と話してくれました。

 

今回、僕はこのシティプロモーション・廿日市チームの代表を務めました。
僕自身が廿日市市出身ということ、そして広国PARKを東広島以外にも発信できるチャンスであること、
色々な要因が重なって、この企画を引き受けることに決めました。
当日の放送を迎えるまでに、様々な場所にインタビューに伺ったり、
チームで定期的に打ち合わせをしたり、普段のラジオ活動とは違った体験ができました。
生まれ育った廿日市市、今住んでいる東広島市、それぞれに魅力があり、
それぞれの魅力に改めて気付けるいい機会になったと思います。
協力してくれた広国PARKのメンバー、先生方、FMはつかいちの皆さんには本当に感謝しています。
頼りない代表ですが、引き続き通常放送の方も気を引き締めて頑張りたいと思います。

 

コミュニケーション心理学科 平佐直輝

 

そして、9月12日木曜日、今度は広島県を飛び出して、
山口県下関のコミュニティFM「COME ON!FM」の番組に広国PARKのメンバーがお邪魔しました。

その模様も近日中にお伝えできればと思います。

△Pagetop