めざす仕事

Career

看護師が活躍する舞台は広がり続けます。

 今までの看護師は、総合病院や専門病院、クリニックなどで仕事をするイメージだったと思います。しかし、現在は医療をとりまく環境が大きく変わり、それに伴って、看護師の役割は広がり続けています。
 本学では、学生がめざす仕事への適性を考え、アドバイスしながら、一人ひとりの希望にそった進路指導を行っています。そのため、病院だけでなく、地域医療を担う訪問看護ステーションや市町村の保健所・健康センターをはじめ、会社の健康管理室、福祉施設など、能力や経験に応じた様々なフィールドで活躍する卒業生も増えています。
 看護師とともに近年注目されているのは、保健師・助産師の役割です。保健師は疾病の予防や健康増進などの公衆衛生活動を行ないます。本学は学部の中で保健師国家試験受験資格が取得できます(選択制)。保健師資格取得後すぐ、保健師として就職する学生もいますが、資格取得後、看護師の臨床経験を経た上で保健師をめざす卒業生も増えています。
 助産師は、妊娠・出産・育児期を切れ目なく継続した支援ができる職種として注目されており、少子化の時代にあっても産婦人科医や出産施設の減少などにより需要が高い資格です。本学では助産師資格の取得を希望する学生に対応し、学部卒業後に受験できる一年間の専攻科を設けており、受験生の約半数が本学の学生で、合格率は毎年100 %を達成しています。
 また、本学の大学院へ進学して、看護教員などの研究や教育をめざす学生や、看護師としてのキャリアアップをめざすために働きながら大学院で研究・学修しようとする学生もいます。看護師の勤務と並行して、大学院で学びたい要望に応えるために土・日曜日の集中講義を行うなど、働きながら学べるサポートも充実しています。

教授 山崎 登志子

助産学専攻科はこちらから

大学院看護学研究科はこちらから

山崎 登志子

活躍する卒業生

※2016年7月に取材しました。職場等の情報はその時点のものです。

中野 綾さん

命を守るケアは、
少しの変化も見逃さないこと

広島大学病院 高度救命救急センター勤務

中野 綾さん

2010年卒業

 高度救急救命センターで勤務し、6年目になります。こちらへ急患で来られる患者さんは心肺停止の状態であったり、交通事故などで重いケガをされていたりと重症なケースが多く、「命を守るためのケア」が日々行われています。医師と一緒に動くことが多いので、血圧やモニターを見たり、ケアをするだけではなく、医師がスムーズに治療ができるようにコミュニケーションを取りながら環境調整をしていくことも大切な仕事です。救急医療の現場は緊張感があり、1年目は衝撃的なことばかりでしたが、患者さんが命を取り留めて元気になっていく姿に、看護師としてやりがいを感じるようになりました。
 在学中に学んだことで強く印象に残っているのは、そもそも看護ケアとはどういうことなのか、そして数値以外のことに着目することの大切さです。意識がない患者さんの場合、人工呼吸器や心電図の数値などにとらわれがちですが、数字に現れない変化もあります。汗が出てきたとか、体が冷たくなってきたという変化は、患者さんに触れてはじめて分かります。このような少しの変化を見つけて医師に報告することで、異常の早期発見につながることがあります。
 ただこの場合も、「汗が出ています」と報告するだけでは何の解決にもならないので、「このような状態でこういうことが考えられると思いますが?」とまで言えるようにならなければいけない。今指導している新人の看護師にも、そのことを必ず伝えています。

中野 綾さん
大谷 周平さん

地域の人たちの健康を守るため、
健康づくりに関するさまざまな情報を提供しています

滋賀県長浜市役所 健康福祉部勤務

大谷 周平さん

2006年卒業

 看護学部を卒業後、保健師として旧高月町に入庁し、その後、市町村合併を経て市役所勤務となり、現在は主に市民の健康づくり啓発に関する業務を行っています。健康に関する課題や地域課題を明確にし、生活習慣の中で住民自身が疾患予防に取り組める仕組みを作っていくことが仕事です。例えば、住民のもとへ出向いて、市の課題や一般の人でも取り組める健康づくり情報を提供する「健康出前講座」や、行政と大学が連携して研究を行う官学事業に関わったり、またタバコの害について受動喫煙対策を進めるなど、その内容は多岐に渡ります。
 この仕事に就いたきっかけは、大学で看護実習に行った時、地域看護にいちばん刺激を受けたからです。自分自身が外へ出向き、地域の人と直接触れ合えることも魅力でした。入庁3年目までは先輩保健師のやり方を見て学ぶのに精一杯でしたが、自身の経験を生かした保健事業に参加した市民が、自ら健康づくりに関心を示し行動に移してくれるところを見ると、次第にやりがいが出てきました。
 仕事は一人だけでするものではなく、他の職種の人と連携しながら進めることで、幅広い視野で物事を捉え、課題を明確化したり、業務を効率よく行えるのだということを実感しています。今後は地域の実情をふまえ、将来を見越しながら健康課題の解決にむけて、市民ひとりひとりが「主役」として健康づくりに取り組め、互いに支え合える長浜市になるよう力を注いでいきたいです。市民に寄り添い、市民と「協創」しながら健康的で魅力的なひと・まちをつくりあげていく、これが「行政保健師」の仕事だと感じています。

大谷 周平さん
齋藤 愛さん

救命救急センターなど職場での経験を、
母校の学生たちに教員として伝えています

広島国際大学 看護学部勤務

齋藤 愛さん

2004年卒業

 母校である本学へ、看護学部の教員として戻ってきて5年が経ちます。在学中にお世話になった先生から声をかけていただいたことをきっかけに、看護教育への道をめざしました。それまで看護師として救命救急センターに勤務していた経験があり、今は成人看護学の急性期を担当しています。日々教えることの難しさを感じながらも、学生ひとりひとりの成長過程を見られることにやりがいも感じています。
 学生に教えることと看護師の仕事は全く違うものですが、学生によく言っているのは「患者さんのことを第一に考える」ということ。これは私の実体験から来るものです。救命救急センターでは言葉によるコミュニケーションが取れなかったり、患者さんについている機械を管理することが次第に多くなり、「機械をみるために看護師になったのか、看護師として患者さんを看護できているのか」とジレンマを感じた時期がありました。その時教育担当の上司から「患者さんの立場に立ったらどう思う? 機械に示される数値も患者さんからのサインよ」と言われ、我に返った覚えがあります。これは、私が在学中に先生からよく言われた言葉でした。病気を学修し理解したうえで、患者さんがどんなことを感じているのか、患者さんにとって何が必要なのか、自然に目が向き、考えることができる看護師を育てたいと思っています。また、看護をしていく中で「なぜこれをしなければいけないか」という根拠を必ず考え示すようにしています。そうすることで、学生の理解がより高まり、患者さんに適切な看護が提供できると思います。
 教員として常に思っていることは「学生に寄り添うこと」です。在学中、実習で悩んでいる時には、実習指導の先生が一緒に悩み考え、サポートしてくれたことがとても心強く、「教員」という存在が大きかったのを覚えています。私も学生に寄り添い、しっかり支えることができる教員でありたいと思います。

齋藤 愛さん

取得できる免許・資格

  • 国家試験合格率

    国家試験合格率

  • 取得できる資格(受験資格・関連資格)

    ☆看護師(国家試験受験資格)
    ☆保健師(国家試験受験資格)※、
    養護教諭二種免許 (保健師取得後、申請により取得可能)、
    第一種衛生管理者免許 (保健師取得後、申請により取得可能)

    ☆受験資格が得られるもの
    ※学外実習の人数に限りがあるため、選択制になります。
    (2016年度履修者実績25名程度)


進路データ

  • 就職実績

    就職内定率

  • 主な就職先(2017年3月卒業生)※順不同

    ◆広島県/呉医療センター・中国がんセンター、安佐市民病院、広島市民病院、舟入病院、中電病院、マツダ病院、県立広島病院、福山市、大田記念病院、広島共立病院、広島赤十字・原爆病院、庄原赤十字病院 ◆中国地方/鳥取大学医学部附属病院、島根大学医学部附属病院、川崎医科大学総合医療センター、光市立光総合病院、徳山中央病院 ◆四国地方/徳島大学病院、四国こどもとおとなの医療センター、高知大学医学部附属病院 ◆九州地方/九州大学病院、福岡市立こども病院、熊本赤十字病院、沖縄県立南部医療センター・こども医療センター ◆近畿地方/京都大学医学部附属病院、大阪大学医学部附属病院、大阪赤十字病院、住友病院、神戸大学医学部附属病院、兵庫県立こども病院、神戸市立医療センター中央市民病院、兵庫医科大学病院 ◆関東地方/慶虎の門病院、東京医科大学病院、慶應義塾大学病院、日本赤十字社医療センター、聖路加国際病院、北里大学病院

    卒業生の就職先一覧(2014年度~2016年度)

ページのトップへ戻る