学部長あいさつ

Message


学部長あいさつ

プロフェッショナルとして
地域医療の現場で活躍できる看護師、保健師へ!

学部長/博士(医学) 島谷 智彦

 国をあげての「地域包括ケアシステム」が始まった今の時代の流れを受けて、看護師、保健師の仕事は今後大きく変わっていくことが予想されます。今までは、看護師は病院などの医療機関で、医師や他の医療職とともに働いてきましたが、これからは地域医療の現場で、自分で判断する力が必要になります。例えば、医師が同行しないで訪問看護に出向いた時、患者さんの状態の変化を看護師が察知して、次の対応につなげていく。大学で培っていくのは、こうした状況に置かれた時に、1つは専門的に判断するための知識と、もう1つは、問題点について自分で調べ、考え、解決していく能力です。
 本学には多くの学部があり、多様な共通教育科目があります。それらを自分の興味に応じて選択できるので、さまざまな分野の勉強ができるという特徴があります。また、医療機関と同じ器械や施設・設備で十分に演習したうえで、病院をはじめとするさまざまな医療機関で実習ができるように、カリキュラムが編成されています。
 本学での4年間は、まず社会人としてのより豊かな教養を身につけるとともに、単に知識を詰め込むのではなく、問題提起を行いながら解決力を磨き、一生チャレンジしていくという心と力を育みます。その上で、チーム医療の現場でリーダーとして活躍できる人材を育てていきます。
 医療の現場ではこれから、看護師、保健師とも、よりプロフェッショナルな人材が求められます。本学で学んで、これからの時代に選ばれる人をめざしませんか。

学部長/博士(医学)
島谷 智彦


教育理念

ディプロマ・ポリシー

卒業までに身につけてほしい学士力を以下のように定めています。

  • 1)人間が生きてゆく社会や環境について、社会の仕組みや文化を踏まえて理解できる。
  • 2)生物的・心理的・社会的存在である人間の健康について、生・老・病・死の各視点で心と体の両面から理解できる。
  • 3)看護の基本となる姿勢や考え方を理解し、看護の対象者に対する援助の基本的な方法を身につけ、実践できる。
  • 4)人間の成長・発達や健康のレベルに応じた、科学的根拠に基づく看護の方法を身につけ、実践できる。
  • 5)医療や看護に関する知識、技術、実践的態度をより深め、多職種で連携・協働し、総合的な視点から看護を実践できる。
  • 6)将来にわたって自己研鑽できる能力と自らの考えを発信できる能力を身につけ、看護における課題を見いだして解決し、成果を発表できる。

カリキュラム・ポリシー

教育研究上の目的は、『生命の尊重と個人の尊厳を基幹とした、人間性豊かな人格の育成である。看護学に関する専門知識と看護技術、看護職者としての態度を修得し、実践力・応用能力・判断力を養い、医療ニーズの高度化・多様化に伴う社会的要請に対して的確に応えられるよう、広い視野と倫理観を養う。そして、健康・医療・福祉に貢献できる能力と研究心を養い、国内外で貢献できる人材を育成する。』です。この目的を達成するために、カリキュラムを編成します。

  • 1)主に1~2年次に学ぶ共通教育科目では、社会人としての常識や幅広い視野を備え、人間と社会を理解することを目標とします。また、段階的に配置したスタンダード科目では、健康・医療・福祉に関わる様々な専門職について学び、チームとして協働することについての理解を深めます。
  • 2)主に1~2年次に学ぶ「人体の構造と生理機能Ⅰ、Ⅱ」「臨床病態学Ⅰ~Ⅲ」などの専門基礎科目では、専門科目の理解に必要な幅広い知識を修得します。
  • 3)専門科目については、1~2年次に学ぶ基礎看護学系の各科目において、看護職者として必要な基礎的な知識・技術および態度を修得したうえで、2~3年次に学ぶ成人看護学系、老年看護学系、小児看護学系、母性看護学系、精神看護学系および在宅看護学系の各科目において、より高度で専門的な知識と技術を修得します。
  • 4)2~4年次に学ぶ「看護管理学」「ターミナルケア論」「災害・救急看護論」「統合看護学実習」などの統合看護学系の各科目では、医療や看護に対する知識・技術および実践的態度をより深め、広い視点から看護を理解します。
  • 5)4年間を通じて、「研究方法論」「卒業研究」「看護学総合演習」などの科目では、看護職者に必要な生涯学習・自己研鑽能力、研究的態度および発信力を修得します。
  • 6)保健師課程は選択制とします。2~4年次に学ぶ「公衆衛生看護学各論Ⅰ~Ⅲ」「公衆衛生看護学演習Ⅰ~Ⅳ」「公衆衛生看護学実習Ⅰ、Ⅱ」などの科目では、行政・産業・学校などの地域やコミュニティを対象とした公衆衛生看護の知識と技術を修得します。

アドミッション・ポリシー

健康・医療・福祉に関心をもち、看護の基礎的・専門的な知識・技術を修得し、広く社会に貢献したいという熱意をもった人を歓迎します。

入学前に修得が望まれる知識・力

  • 文章や資料等を的確に理解し、論理的に考え、話したり書いたりする力。
  • 数学における基礎的な知識と、それらを活用する力。
  • 科学的に探究する力や態度と、生物や生命現象に対する知識。
  • 情報および情報技術を活用するための知識と力。
ページのトップへ戻る