常翔学園 広島国際大学

チャレンジプロジェクト
『広国PARK』プロジェクト

学生が毎週木曜日の19:00~FM東広島で、「広国PARK」というラジオ番組を制作・放送しています。

9/27(日)19:00放送、ラジオ番組『広島国際大学 presents 心理ボックス』~学生が広島FM人気DJ大窪シゲキさんとコラボ!~

9月27日(日)、広島FMで『広島国際大学 presents 心理ボックス』が放送されます。
毎週木曜日にFM東広島で『広国PARK』を製作・放送する心理学部・心理科学部の学生23人が9月10日、
広島FM「大窪シゲキの9ジラジ」で10代の人たちから支持されている人気DJ大窪シゲキさんとコラボした番組の収録に臨みました。

 

午前中に番組内・事前告知のCM計3本、午後から番組の収録を行う2部構成。
CM制作は、『広国PARK』の出演経験がほとんどない、いわば「見習い」の1年生が担当しました。
学生たちは短時間で面白くて伝わる、そんなCMづくりに苦労しながらも、
収録時はディレクターの助言を受けながら、少しでも良い番組にしようと意見を交わしながら進行。
こうして懸命に取り組み完成したCMを聴いた彼らから、安堵の笑顔がこぼれました。

 

プロのディレクターを交えてその場で議論

本番では大窪シゲキさんと経験豊かな2・3年生が合流し、収録が行われました。
あらかじめ募集して寄せられた質問に答えていく形式で進行。
「初心者にも心理学のことが分かりやすい!」と大窪さんも感動する台本は、すべて学生が制作しました。
学生らの身近な話題を織り交ぜた解説に、大窪さんが感心することもしばしば。
交代で登場する学生はみな台本どおりに順調に進行しながら、大窪さんのリードでアドリブも効かせつつ、
それぞれの個性を活かした楽しい番組に仕上がりました。

 

大窪さんのトークに学生もリラックスして本番に臨みました

プロジェクトリーダーの中上梨穂さん(心理科学部コミュニケーション心理学科2年)は、
「初めてラジオ番組に臨む1年生も多い中で、
みんな緊張もあったと思いますが、いきいきと収録できていた」
と、今回のコラボ企画を振り返りました。

 

人のこころに寄り添い、悩んでいる人たちを助ける職業人を目指したいと心理学を学ぶ学生にとって、
言葉だけで伝えるラジオ番組への挑戦は、とても意義深いものです。
この経験を今後のラジオ製作・放送に活かしたい、そう話す彼らの成長は続きます。

 

同番組の放送は27日(日)19時から1時間です。
【参考ページ】
心理学部ホームページ「ラジオ特番 広国心理ボックス

 

広島国際大学 広報室

△Pagetop