常翔学園 広島国際大学

チャレンジプロジェクト
『広国PARK』プロジェクト

学生が毎週木曜日の19:00~FM東広島で、「広国PARK」というラジオ番組を制作・放送しています。

2014年の記事一覧

社会人基礎力育成グランプリ2015中国・四国地区予選大会で、2団体が準優秀賞!!

2014年12月7日(日)に岡山商科大学で、
「社会人基礎力育成グランプリ2015~中国・四国地区予選大会~」が開催されました。

 

この大会は、各チームが「どのような活動に取り組み、どのように社会人基礎力を成長させることができたか」
について発表を行い、学生たちの社会人基礎力の成長度、知識の深まりを競います。
今大会には、全6大学(広島国際大学、尾道市立大学、香川大学、広島工業大学、高知工科大学、梅光学院大学)
7チームが参加しており、本学からは、『広国PARK』(心理科学部)および『しずく』(保健医療学部)
の2チームが出場し、見事2チームとも「準優秀賞」に輝きました。

 

『広国PARK』は心理科学部の学生が中心となり、東広島市のコミュニティFM放送局「FM東広島」において、
『広国PARK』というラジオ番組を運営しています。
企画から台本作り、当日の番組運営に至るまでを全て学生が行い、
運営に関わるスタッフの確保、日常生活の会話とは違う、リスナーへ向けた
コミュニケーションの取り方、心理学の知識を活かしたリスナーとの関わりなど、
多くの苦労を克服し、取り組んだ過程を熱弁しました。

 

『しずく』は保健医療学部の学生が中心となり、
白血病や悪性貧血に苦しんでおられる方の治療手段の一つである、
骨髄移植を目的とした骨髄ドナーバンクの登録者数増を目指し、
骨髄ドナーバンク登録に関する偏見や誤解を払拭するために活動しています。
当日は、学生が専門的な知識を有した骨髄ドナーバンク登録説明員として、
多くの方々に骨髄ドナーバンク登録について理解いただき、
しずくの活動を広く知っていただくことで、
若者の登録者数を増やす取り組みの過程を熱弁しました。

 

最後に審査委員から準優秀賞の発表とともに講評があり、
『広国PARK』については、ラジオ番組に取り組む上での工夫や意欲のあるCM作りについて、
『しずく』の活動については、活動メンバーを年々増やしながら着実に活動し、
骨髄ドナーバンク登録にかかる説明員の資格取得を行っていることについて、それぞれ高評価をいただきました。

 

今後の活動に期待しています。

 


<発表者>
心理科学部
臨床心理学科 講師 西村 太志
臨床心理学科 3年次 松尾 理佳
コミュニケーション心理学科 2年次 堀田 昂平
コミュニケーション心理学科 2年次 釘宮 この実
<題 名>
リスナーとのコミュニケーションの新たな挑戦へ~「広国PARK」をもっと知ってもらうために~

 


<発表者>
保健医療学部
診療放射線学科 教授  富永 孝宏
診療放射線学科 3年次 野田 ひかり
診療放射線学科 3年次 冨永 朱里
診療放射線学科 2年次 伊藤 佳奈
<題 名>
骨髄バンクを知ろう!~しずくの活動と若者たちの登録者不足の現状~

 

学生部 学生課

△Pagetop