医療福祉学科 医療福祉学専攻

教育プログラム

人々のしあわせな生活を支える専門職をめざし、福祉の専門知識を多分野に活かす

他の福祉分野や経営、心理との横断プログラムにより、福祉の観点を持って福祉業界やその他「健康」に取り組む一般企業においても活躍できるカを身につけます。

4年間のカリキュラム構成

1年次

基礎を固める

専門職としての倫理観及び職業観を養い、多職種連携に必要な協働能力を育みます。

詳しく見る

2年次

専門性を深める

専門知識を身に付け、3年次から始まる学外実習に備えます。

詳しく見る

3年次

現場感覚を養う

学んだ専門知識を深化させるため、学外実習を通して現場の実態を学びます。

詳しく見る

4年次

国家試験に挑む

卒業研究に取り組むと同時に、国家試験合格に向けてラストスパート。

詳しく見る

1年次基礎を固める

福祉専門職に関する幅広い基礎知識の修得

福祉専門職に求められるソーシャルワークの基礎について、実践的・体験的な学びを通して、次年度以降の専門的知識・技術の修得に向けた基盤づくりを行います。

カリキュラム

スタンダード科目
(1年次)

  • アカデミックリテラシー
    チュートリアル
    デジタルコミュニケーション
    データサイエンスⅠ
  • 英語コミュニケーションⅠ
    英語コミュニケーションⅡ
    英語リーディングⅠ
    英語リーディングⅡ
  • 専門職連携基礎演習Ⅰ
    専門職連携基礎演習Ⅱ
    地域創生と危機管理
    スポーツ学
    スポーツ実習Ⅰ

オプション科目
(1〜3年次)

  • 中国語Ⅰ
    中国語Ⅱ
    ドイツ語Ⅰ
    ドイツ語Ⅱ
    プログラミングⅠ
    哲学
    文学
    心理学
    芸術学
    文化人類学
    法学
    経済学
    歴史学
    政治学
    統計学
  • 数学基礎
    数学
    物理学
    化学
    生物学
    科学実験a
    科学実験b
    日本語表現法
    コミュニケーション論
    グローバル化と人間a
    グローバル化と人間b
    データサイエンスⅡ
    データ解析
    プログラミングⅡ
    スポーツ実習Ⅱ
  • 人間と文化a
    人間と文化b
    人間と社会a
    人間と社会b
    人間と自然a
    人間と自然b
    教養ゼミ
    日本事情a(留学生特例科目)
    日本事情b(留学生特例科目)
    日本語Ⅰ(留学生特例科目)
    日本語Ⅱ(留学生特例科目)

専門教育科目
(1年次)

  • 現代社会と福祉Ⅰ
    現代社会と福祉Ⅱ
    ソーシャルワーク入門 
    医学・医療概論
    医療・生命倫理
    人体の構造と機能及び疾病
    相談援助の基盤と専門職Ⅰ
    相談援助の基盤と専門職Ⅱ
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度Ⅰ
    高齢者に対する支援と介護保険制度Ⅱ
    障がいの理解
    児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
    心と体の仕組み
    保育原理
    教育原理
    保育者論
  • 保育の心理学
    子ども家庭支援の心理学
    国際医療福祉演習
    障害者心理学
    社会理論と社会システム

※ ■は必修科目 ※カリキュラムは予定であり、変更になる可能性があります。

授業科目紹介

  • 国際医療福祉演習

  • 国際医療福祉演習

    台湾やデンマーク、スウェーデンなどで高齢者福祉や児童・障害者福祉を体験学修し、先進的な社会保障制度を学びます。現地の医療施設や福祉機関で職員や利用者と交流し、福祉の視点を育みます。

2年次専門性を深める

段階的な教育プログラムを通して、専門知識を身に付ける。

専門的科目が増加。段階を踏んで積み上げていく体系的な教育プログラムで、学んだ専門知識を実践する力へと結び付けていきます。

カリキュラム

スタンダード科目
(2〜4年次)

  • 専門職連携総合演習Ⅰ
    専門職連携総合演習Ⅱ

オプション科目
(2〜3年次)

  • Reading & Writing
    英語プレゼンテーション
    検定英語

専門教育科目
(2年次)

  • 社会調査の基礎
    相談援助の理論と方法ⅠA 
    相談援助の理論と方法ⅠB 
    相談援助の理論と方法ⅡA 
    相談援助の理論と方法ⅡB
    地域福祉の理論と方法Ⅰ
    福祉サービスの組織と経営
    社会保障Ⅰ
    社会保障Ⅱ 
    障害者に対する支援と障害者自立支援制度
    保健医療サービス
  • 精神保健の課題と支援Ⅰ
    精神保健の課題と支援Ⅱ
    精神保健福祉相談援助の基盤(専門) 
    発達と老化の理解 
    子どもの保健
    子ども家庭支援論
    児童文学
    国際福祉論
    社会福祉法概論 
    音楽療法概論
    生涯発達心理学
    ウェルネスビジネス論Ⅰ
    ウェルネスビジネス論Ⅱ
    専門演習ⅠA
    専門演習ⅠB 

※ ■は必修科目 ※カリキュラムは予定であり、変更になる可能性があります。

授業科目紹介

  • 相談援助の理論と方法Ⅰ・Ⅱ

    相談援助の基本的な考え方、意義、理論的な基盤や具体的な方法を理解します。また、相談援助における人と環境との交互作用について理解を深め、その活用について学びます。

3年次現場感覚を養う

さまざまな実習を経験し、現場で対応できる力を養う。

実践的な学修が中心となる3年次。学内外で行うさまざまな実習を通して、社会福祉士・精神保健福祉士としての専門性、相談支援能力の向上を図ります。

カリキュラム

専門教育科目
(3年次)

  • 精神保健福祉援助実習
    精神保健福祉援助実習指導Ⅰ 
    地域福祉の理論と方法Ⅱ
    福祉行財政と福祉計画
    低所得者に対する支援と生活保護制度
    就労支援サービス 
    権利擁護と成年後見制度
    更生保護制度
    社会福祉援助技術演習Ⅰ
    社会福祉援助技術演習Ⅱ
    社会福祉援助技術現場実習指導Ⅰ
    社会福祉援助技術現場実習指導Ⅱ
    社会福祉援助技術現場実習指導Ⅲ
  • 精神疾患とその治療Ⅰ
    精神疾患とその治療Ⅱ
    精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅠA
    精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅠB
    精神保健福祉に関する制度とサービスⅠ
    精神保健福祉に関する制度とサービスⅡ
  • 精神障害者の生活支援システム
    精神保健福祉援助演習Ⅰ
    精神保健福祉援助演習Ⅱ
    精神保健福祉援助実習指導Ⅱ
    認知症の理解
    認知症のケア 
    社会的養護Ⅰ
    専門演習ⅡA
    専門演習ⅡB
    介護概論(介護技術を含む)
    社会福祉総合実習
    福祉科教育法Ⅰ
    福祉科教育法Ⅱ

※ ■は必修科目 ※カリキュラムは予定であり、変更になる可能性があります。

授業科目紹介

  • 社会福祉援助技術演習Ⅰ・Ⅱ

  • 社会福祉援助技術演習Ⅰ・Ⅱ

    相談援助の知識と技術を実践的に修得します。価値と倫理、相談面接、支援過程、地域援助技術の4領域を通じて、基本的なコミュニケーション技術、基本的な面接技術、支援過程、地域援助技術等を学びます。

4年次国家試験に挑む

社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験合格へ向けた、総仕上げ。

それぞれの研究室で、卒業研究を進めます。卒業論文の発表後は、本学独自の国家試験対策プログラムに集中し、合格をめざします。

カリキュラム

専門教育科目
(4年次)

  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅡA
    精神保健福祉の理論と相談援助の展開ⅡB
    精神保健福祉援助演習Ⅲ
    精神保健福祉援助実習指導Ⅲ
    社会福祉総論Ⅰ
    社会福祉総論Ⅱ
  • 総合福祉論
    卒業研究Ⅰ 
    卒業研究Ⅱ 
    社会福祉援助技術現場実習

※ ■は必修科目 ※カリキュラムは予定であり、変更になる可能性があります。

授業科目紹介

  • 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

    関心のある課題・知識・技能をさらに深めていき、テーマに即した研究を行います。卒業論文の作成を通して、社会福祉に関するより深い専門知識を修得します。

教職関連科目

  • 1年次

    教育原理
    教職概論

  • 2年次

    教育制度論
    学校教育心理学
    特別支援教育論
    教育方法論
    生徒指導論

  • 3年次

    教育課程論
    総合的な学習の時間の指導法
    特別活動の指導法
    教育相談
    進路指導・キャリア教育論

  • 4年次

    教育実習(高)
    教職実践演習(高)

ページのトップへ戻る