常翔学園 広島国際大学

チャレンジプロジェクト
『瀬戸内イキイキ』プロジェクト

瀬戸内の島々で高齢者が活き活きと暮らし続けるため、地域の活性化を目的に、看護学部の学生が健康に関する知識を提供します。現在は大崎上島と豊島を舞台に活動しています。

第11回ビューティフルアイランド祭りに参加しました

10月19日(土)呉市豊浜町の親水公園で開催されたビューティフルアイランド祭りに学生19名、教員3名が参加しました。目標は「豊島の食材(ひじき)を用いた健康レシピを紹介・提供することで、『まちづくり活動』に積極的に参加する。食に関する活動を通して、住民との交流を深め、健康への意識向上をはかる。各種イベントに参加し、島の人々とともに楽しむ」でした。


このビューティフルアイランド祭りでは、医療栄養学科の学生が主体となって考えた健康レシピの試食提供を主に、プロジェクトの活動紹介も行いました。健康レシピの試食は、開催地である豊島のひじきを使ったひじきのコンソメ炒めを提供しました。
試食を作る際には寮や一人暮らしで鍛えたメンバーに協力してもらいながら、普段はあまり料理を作らない実家暮らしのメンバーも作っていました。ここではやはり女性陣が活躍しました!自分たちがつくったものを「おいしい!」と言っていただけると、「この活動をして良かったな」「次の活動でも参加者の方に喜んでいただきたいな」と思い、やりがいを感じました。


豊島の特産品である太刀魚やみかんなども味わうことができ、これによって地元の方と交流することができました。私たちの活動内容を聞いて「うちのサロンにも来てほしい」という声もいただきました。今年はあいにく雨でしたが、島の方々はとても温かく、すがすがしい気持ちになりました。
メンバーの集合写真を見てもわかるように、充実した1日となりました。これから活動が盛んになっていきますが、このビューティフルアイランド祭りでの経験を活かし、島の人たちの役に少しでも立てればと考えています!


※この活動は、呉市から資金援助を受けて実施しています。

高橋慧允(看護学科1年)、藤原玲王(同2年)